2020東京五輪のAKB出演話に「やめて!」と言えるマツコが凄いと評判に 

NGT48の新設には「東京五輪を見据えた意図もある」という話に対し、マツコ・デラックスが26日放送の「5時に夢中!」の中で「絶対、開会式でやってほしくない」「開会式と閉会式に出ないんだったら何やってくれてもいいけど、開会式と閉会式だけは恥ずかしくない物にして」と本音のコメント。

秋元康氏には2020年東京オリンピックで各グループ選抜の「JAPAN48」を結成し、アイドル文化を世界に発信する狙いがあるらしいということですが、この目論見に芸能人として苦言を呈したマツコにネットで「すげえ」「完全に同意」の声が多く挙がっています。


AKBの出演については否定派が多く、

「ありえない! 最悪… 」
「完全に同意」
「エグザイル、ヲタアイドルが日本代表とか勘弁してくれ」
「学芸会じゃないんだぞー」
「秋元をオリンピック組織委員会から外してくれ」
「歌って踊れるボーカロイドの方がまだ現代日本的だわ」

などの意見が相次いでいます。

また、マツコ自身についても、

「芸能人でありながらAKBを堂々と批判するマツコはすげぇーなww」
「これ日本人の総意だと思うわ」
「マツコ見直したわ」
「5時に夢中以外でも言ってくれ 」

と、これまた肯定的。

番組内でマツコは「(開会式は)静寂のなかでやる方が日本ぽい気がする」と持論を展開していましたが、何を推すかということになるとネットでは、
「日体大の集団行動とか空手の演舞は?」
「(和太鼓を)500人ぐらいで一斉にドンどこやったらどうだ? たけしの座頭市の和風タップみたいな感じで」
「日本にはバイオリンやピアノやバレーや世界大会クラスで優勝してるような若い人達がいるのだから、そういう人達を誇って欲しいものだ 」
と、これは人により様々。

どんな開会式が相応しいのかはじっくり検討するにしても、とりあえずのところAKBが世界に発信する価値のあるものなのか、日本を代表する文化と言えるのか、という点については同じ考えの人が多い様子なので、個人的にはちょっと安堵です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク