ホント?ウソ?信じたほうが世の中が楽しくなりそうな未確認の写真集

大昔はネス湖のネッシーの写真がテレビの特番で大写しされたりしてましたが、最近は写真も映像も誰でも加工できるようになってしまって、逆に想像力をかき立てるものがなくなっちゃいました。それでも相変わらず”何これ”的な写真が時々ニュースになったりします。こういうものは信憑性が低いとは思っても、信じたほうが何だか面白そうですから、「バカバカしい」で済まさず温かい目で見るようにしましょう。


スポンサーリンク

火星にオバマ岩が発見される

mars1

火星探査機スピリットが撮影した火星の写真に写っていた人面岩を見つけた人がいます。記事を掲載したサイト曰く「3Dプリンターで作ったような完璧な彫刻」だというこの人面岩は、詳しい画像診断の結果、いくつかの点でオバマ大統領の顔特徴と一致したそうです。

Photo:mail.online

港に巨大ガニ現る

Crabzilla

CRABZILLA2

クラブジラ(Crabzilla)と名付けられた巨大ガニ。イギリスのケント州ウィスタブルの港では以前から大きなカニの目撃例があったそうですから、これこそが証拠写真なのかもしれません。地元の人々も正式な調査を希望しているとか。

Photo:mail.online

光学迷彩を使うエイリアン

clearman

台湾で警官が撮影した透明エイリアンらしき謎の生物。撮影場所は台湾・台東県の嘉明湖。ハイキングに来て撮影した写真に写っていたそうです。

f176cfc8-s

これはさすがに・・・とは思いますが、100%無いとは言い切れないのが未確認生物。ひよっとしたら本当にいたのかもしれません。

dailymotion

南極に埋まっていたUFO

googleearth1

Google Earthに写っていた南極の氷にうずまったUFO。この画像は今はもう削除されてしまって見られないとか。こんなものが埋まっているところを見ると『遊星からの物体X』は実話なのかも・・・なんて期待をしてしまいます。南極ではいろいろな謎の生物も目撃されていますし、なにがあっても不思議ではないですね。

→Youtube

インドで三頭の蛇が発見される

snake three head

写真の出所はインドらしいですが紹介サイトはタイなので、目撃者(?)はどっちの国の人かわかりません。フェイスブックで拡散したようなのだけれど。アンコールワットの蛇神ナーガは頭7つありましたね、そういえば。神様級のモノだから本当にいるかもしれません。

Photo:hilight.kapook.com

Googleマップで謎の巨大生物が発見される

ホント、Googleマップやストリートビューって、時々トンデモナイものが映ってますよね。今度発見されたのはニュージーランドのオポウルア湾で悠々と泳いでいる、細長い謎の未確認生物。

見て下さい、この雄姿を。素晴らしいですね。このうねり全体が身体だったら、ゆうに500~600mはあります。

earth1

古代の恐竜の生き残りか、はたまた突然変異か。想像するだけでゾクゾクします。

→実際のマップはこちら




いるかいないかは誰にも断言できませんから、想像は膨らむばかり。広い地球ですから山のてっぺんから海の底まで何がいても不思議ではありません。何でも分かっているつもりになるのは人間の傲慢かもしれません。よその星から来るかもしれませんし・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク