高画質!Arqspinなら無料で5つまで「360度スピン画像」が作成できるぞ。

spin000

2014年8月9日はムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの誕生日。今年で生誕100周年だ。記念にブログ用に何かないかと思って探したら「ムーミン屋敷」と「K&Mミニヴィネット」があったので、この際360度スピン画像で載せようと思い立った。


スポンサーリンク

高画質なスピン画像を手軽に作成できるArqspin

360度スピン画像というのは、画面上のオブジェクトをマウスで(スマホなら指で)くるくる回転させて360度どの向きでも見ることができるようになっているもののこと。

スピン画像が作れるオンラインサービスは他にもあるが、スマートフォンで簡単に作れて画質も良いのはArqspinだけ。

自サイトへの貼り付けもiFrameで簡単に貼り付けられるし、自動読み込みや自動回転の有無も設定できて便利。

スマホにアプリをインストールして利用する。データはスマホ内に作成され、Share操作をしないかぎり公開されることはない。

こんな感じのものができる。

[pc-mieru]

[/pc-mieru]
[sp-mieru]

[/sp-mieru]

撮影時間の調整や撮影後の修正も可

撮影の手順を大まかに記しておく。被写体を回転台にセットした状態から。

①アプリを起動してカメラのアイコンをタップする。
spin001

②撮影モードになったら、まずは設定ボタンをタップ。
spin002

③1回転にかかる時間を調節。
spin003

④撮影ボタンをタップ。
spin002

⑤回転方向を決めて撮影開始。
spin004

⑥キャプチャーが終わるまでそのまま。
spin005

⑦回転動作の確認。
spin008

回転させてみて、ループにずれが見られたら、EDITモードで調整をする。Loop調整画面で見たときに2重になっているはずなので、ぴったり重なるところでセーブする。ループずれ以外に画像の明るさやサムネイルなども調整できる。

spin006

無料プラン内で5つまで作成

アップしたスピン画像はArqspinのPCサイトでも確認できる。また、埋め込み用のコードもここで作成する。

spin009

Arqspinは無料コースト有料コースがある。無料コースでの制限は、1つのアカウントで5つの回転画像しか公開できないことと、1ヶ月に1000Viewまでという制約がある。お試しで使ってみる分には無料プランでいけそうだ。

[pc-mieru][/pc-mieru]

[sp-mieru][/sp-mieru]

フィギュアの写真もクルクル回るよりも楽しい。Arkspinはいろいろなものを撮影してみたくなるイキなサービスだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク