優雅に泳ぐ新種の深海魚発見!しかもマリアナ海溝の8143mで深度も新記録

今まで深海8143mで泳ぐ生き物がいるなどとは考えられていませんでした。この度撮影された新種の深海魚は、ハワイ沖のマリアナ海溝の調査中に発見されました。クサウオ科の新種と見られるその魚は、半透明の身体と羽のように広がったヒレが特徴的で、泳ぐ姿は”優雅”の一言。


深海探索で魚に遭遇する確率の低さを考えると、今回の撮影はまさに奇跡的。

deep1

今までの深海映像には次のようなものがあります。人類にとって海の底はまだまだ未知の領域ですね。

3300mで発見された新種の肉食動物「コンドロクラディア・リラ」(2012)

7800mで撮影された「ヨミノアシロ」(2013)

「しんかい6500」による世界一周航海QUELLE2013

映画『深海への挑戦 3D』

あのジェームズ・キャメロン監督も、自ら設計した一人乗り潜水艇でマリアナ海溝に潜りました。飽くなき探求心はさすが。『アビス』を撮っただけのことはあります。

その様子はドキュメンタリー映画『深海への挑戦 3D』としてまとめられ、2014年に公開されました。

マリアナ海溝の底に達するまで、人類の深海への旅はまだまだ続きそうです。



→水深8143mの深海に新種の魚 – ハワイ大学が発見

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク