「マック異物混入」・・・外食産業の終焉?! 「安全なものを食べたければ家で作ろうね」という時代なのだ

日本マクドナルドの異物混入事件。近所にマックが無いので利用する機会がほぼ無い筆者でも、今回の件でマックの行く末がもうどうしようもなくなったことはわかるし、他人事ながら多少気にはなります。とは言え、年末に旅先で仕方なく飲んだマックのコーヒーは、同じ100円で売っているセブンイレブンのコーヒーとは比較にならないほど不味かったし、相変わらず企業努力をする気がないんだなあと久々に実感したばかり。世間の消費者がこのままマックの終焉を醒めた目で見守ったとしても何の不思議もない気はします。


ここに来てマックの醜聞が一度に出てきた感がありますが、昨年末にはペヤングのゴキ○リ混入→全品回収の一件があったし、今月もマック以外にも異物混入の報道が相次いでいます。こういう問題の場合、事の真偽も気にはなるのですが、何より外食産業では、自分がどんなに注意していても、企業側の人的ミスや外部の悪意あるいたずらなどに巻き込まれ、被害をこうむる可能性があるのだということを改めて思い知らされます。

→マック謝罪…異物4件、人の歯やプラスチック

→異物混入:野菜ジュースにティッシュ2枚 都内のスーパー
→ベビーフードにコオロギ 和光堂に苦情
→ワタミ宅配弁当に金属ネジ…長さ1.2センチ

スポンサーリンク

外食産業と手を切る時が来た!?

物価の上昇でバターが足りないだのマヨネーズが17年ぶりに値上げだのと、食品全般が次々と値上がりする中、ただでさえ外食産業は苦しくなる一方だというのに、この上安全面での問題が発覚しまくりでは目も当てられません。消費者側もここらで「家族で外食するという形の団らん」を諦めた方がいいのかも。その方が家計にやさしいに決まっているし、安全・衛生面でもリスクが著しく低くなります。安全な方がいいじゃないですか、断然。

外食がレジャーとしての地位を確立している理由は、次の3点が挙げられると思います。

①家で作って食べるより美味しい
②自分で作らないで済むからラク
③家で作れないようなものが食べられる

これらを順番に潰していきましょう。そうすれば外食しなくて済むようになります。

①家で作って食べるより美味しい

この場合、外食がおいしい理由は判りきっています。その多くは化学調味料の多用にあります。化学調味料を常備している家も少なくないとは思いますが、外食あるいは調理済み食品や即席食品、レトルト食品には家庭で使う量とは比べ物にならないほど多量の化学調味料が入っていることが多いのです。また、糖分にしても塩分にしてもかなり多めに入っていることが多いので、そりゃあ美味しいに決まってるよ、ってこと。

メタボを気にしているお父さんもお母さんも、少しでもスリムで健康な体を目指すのなら外食は控えた方がいいわけで、「外食が危険だ」「信用できない」というのならこれは却って好都合です。

②自分で作らないで済むからラク

これに関しては、家庭の内部事情や考え方というものが関係します。

そもそも料理を作る人に負担がかかリ過ぎていて、奥さんサービスのために危険な外食をするというくらいなら、その負担を軽減したり分担したりする努力をすればいい。旦那が作って不味くなったって、その方がよっぽどリスクが少ないと考えるべきでしょう。

今どき男女関わらず、大人だって子供だって料理くらいできなきゃおかしい、くらいの考えでいかないと、いつまでたっても自立した日本人にはなれません。自分の食事を自分で用意できないヤツなど、有事の際には全く使い物になりませんからね。

③家で作れないようなものが食べられる

この点に関しては「グルメ評論家かよ!」とでも突っ込んで一笑に伏すしかありません。「珍しいものを食したい」などという要望は却下です。

口に入れるものを人任せにしない

市販品や加工肉などへの不安は以前から訴えられてきました。中国が賞味期限切れの肉でつくったチキンナゲットがヤバい、という問題もありましたが、今度のナゲットはタイ工場で生産されたもの。どこの国が危なくて、どこの国が安全だなんてことは、結局のところ全くあてにならないということです。ペヤングは国内工場だったわけだし・・・。別にタイが中国がという話ではありませんが、タイ工場で作られた鶏肉系の冷凍食品なんていくらでもあります。

そして何より忘却してはならないのは2014年に猛威を振るったバカッターの嵐。バーガーキング店員がバンズに寝転んでいたり、スシローで客が醤油さしを口に加えていたり、ピザハットで店員がピザ生地を顔に貼り付けていたり・・・裏で何をされているか判らないという、非常に残念な世の中なんですね、今は。

調理するのも人間、売るのも人間、客も人間。どこかで誰かがふと魔がさしたり、うっかりしたりすることはおそらく日常茶飯事で起こっていること。クレームやバカッターを通じて表面化するかしないかだけの違いだと思いませんか。殿様じゃないんだから毒見役なんかいませんし、映画に出てくるマフィアのドンよろしく「口に入れるものは他人に任せない」というスタンスで生きるくらいでないとダメかもしれませんね、これからは。


安全なものを口にしたければ家で作って食べる。これが一番です。それが嫌なら異物混入も覚悟の上で外食して、何があっても自己責任くらいの腹くくりで。人間のやることで100パーセント信用できることなんかありませんから。

まあ全部個人的意見ではありますが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク