よく考えるとどうでもいいかもしれない芸能ニュース(2014/12/16~18)

スポンサーリンク

水原希子、インスタに股間アップで物議

◇モデルの水原希子(24)が股間を写した写真をインスタグラムに投稿したところ「下品だ」「よくこんなのインスタに載せれるよね!」などと批判を受けた。

kikoinsta

一般人がアップしたら恐らく誰も何の反応もしないであろう”パンツ写真”だが、水原がやると話が変わってくる。

「下品だ」批判に対する水原のコメントは次の通り。「自分のものではない」とした上で、

「エロ本と一緒にするな!」から始まったわりには、結局「私含め皆ジャッジメンタルだから」で迎合している辺りが、どうでもいい感じ。エロ本もアートだと思うんだけど・・・。


濱田龍臣、4年で身長「40センチ伸びた」

◇俳優の濱田龍臣(14)が、映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』(来年1月9日公開)の試写イベントの場でNHK大河ドラマ『龍馬伝』に出演していた4年前から「約40センチも身長が伸びた」「今、173センチです」と驚きの告白。

→濱田龍臣、14歳で身長は「173センチ」 イケメンに成長したと話題!
いや、確かにデカいし脚長いし、そしてイケメンだし・・・。子役の頃とのギャップが凄いね。何食ったらそんなに伸びるんだろうか。

尾木ママ、小保方氏に「裏切られた感じ」

◇理化学研究所の小保方晴子氏(31)によるSTAP細胞の検証実験が失敗したとの結果を受け、STAP細胞の再現を期待し、小保方氏を擁護していた教育評論家の尾木直樹氏(67)が「なんか裏切られた感じ」と残念な気持ちをブログにつづった。

一方、小保方氏の弁護人である三木秀夫弁護士は18日、「小保方氏は現在もSTAP細胞があると考えていると思う」との趣旨の考えを述べたという。

→小保方さんSTAP細胞再現ならずニュースに心が空洞
→小保方さんは「あると考えていると思う」
擁護するなら最後まですればいいのに、尾木ママ。「研究者以前の人間性問われます!!」になっちゃってる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク