この美しさ、見れば見るほど惜しい!辺野古崎と大浦湾・辺野古湾の埋め立て準備が始まる

普天間代替基地建設のために埋め立てられてしまう辺野古の海。「世界平和のため」なのか何なのか知らないけれど、そのためにアオサンゴを中心とした美しいサンゴ礁や、他では見られないようなクマノミ城など、貴重な自然が失われていく。

kumakuma

辺野古崎沿岸と大浦湾を撮った沖縄タイムスの映像。これだけの数のハマクマノミはなかなかお目にかかれない。

こちらは朝日新聞社が撮影した大浦湾のクマノミ。海好きの私から見れば「えっ、これを埋める?何考えてんだ?」という感じ。海に愛着がない人や潜ったことのない人にはあまり興味のないことなのかもしれないが、”クマノミが生息できる海”の方が米軍基地よりよっぽど大切だと思うのだが。

沖縄に住んでいない者にとっても、きれいな青い海岸線が見る影もないような灰色の風景になってしまうのは見るに忍びない。地域住民にとっては胸を引き裂かれるような思いだろう。

郷土の自然を愛してやまない人たちがいて、それを平気で埋め立ててしまう人たちがいる。こうした意識のギャップは世界中のどの国にでも起こっていることであり、国と国が衝突する元にもなっている。価値観が違う者同士というのは、こうも理解しあえないものなのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク