「東須磨小学校教員間いじめ」事件で全国的に知れ渡った校名と関係各位の実名・顔写真

情けない事件が多い世の中。特に「東須磨小学校教員間いじめ」が注目されている。批判の意見が圧倒的多数。マスコミが報道を渋る実名や顔写真は早々にSNSにて拡散された。

前代未聞のお粗末な事件にはどのような結末が待っているのか・・・。随時更新中。

スポンサーリンク

東須磨小学校教員間いじめ

神戸市立東須磨小学校での教員間いじめ事件。学校側やマスコミは実名報道を避けているが、ネットでは加害教師4名の実名と顔写真が拡散中。

事件発覚

神戸市教育委員会は4日、市立東須磨小学校(須磨区)の教員間で、暴言・暴力などのいじめ行為や、性的な嫌がらせなどのハラスメント行為が相次いでいたと発表した。20代の男性教員が体調を崩して学校を休んでいるほか、別の20代の教員3人も被害を受けたという。市教委は加害行為をしたとされる30~40代の教諭4人を業務から外し、処分を検討している。
引用:朝日新聞Digital(10月4日)

市教委によると、加害側の4人は30代の男性3人と40代の女性1人。いずれも同校で「リーダー的な立場」だったという。
引用:朝日新聞Digital(10月4日)

学校側が会見

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代教員が、同僚の先輩教員4人から目に激辛カレーをこすりつけられるなどのいじめを受けた問題で、同校の仁王美貴(におう・みき)校長が9日、神戸市役所で会見を開いた。引用:デイリー(10月9日)

男性教員3人、女性教員1人による同僚いじめ。会見の中では、女性教員Dが児童に「反抗しまくって(被害教員の)クラスをつぶしたれ」などとあおるよう指示したり、「誰やねんそんなヤツ知らんで」などと無視するよう呼びかけていたことを明かした。引用:デイリー(10月9日)

 同校の聴き取りに対し、男性教員Aは「自分が面白ければよかった」「悪ふざけだと思っていた。そこまで(被害教員が)嫌がってるとは思っていなかった」「悪ふざけがすぎた」などと話していたことも明らかになった。引用:デイリー(10月9日)

代理人が被害届を提出

神戸市立東須磨小学校で20代の男性教諭が先輩の教諭4人から暴力などのいじめを受けていた問題で、被害教諭は11日、代理人弁護士を通じて兵庫県警須磨署に被害届を提出した。市教育委員会に対し、同日弁護士から通知があった。受理されれば、いじめ行為が犯罪に当たるかどうかの捜査が行われる。引用:時事ドットコム(10月11日)

教員人事「神戸方式」も話題に

「主犯格」とみられる女性教員は、2代前の男性校長が招聘していた。教育に詳しいある神戸市議は今回の事案の背景として、人事異動における「神戸方式」があると強調する。「女帝とされる女の先生は校長が引っ張ってきた人物なので、他の教員も声を上げにくい」と見る。引用:ビジネスジャーナル(10月15日)

市教委に確認すると「通常は市教委が人事を決めますが、校長同士が相談して、『うちの先生をそちらに』などと教員の異動を決め、お互い了承したら教育委員会に承認を求めるというものです」という。引用:ビジネスジャーナル(10月15日)

文科省が厳正処分を指示

神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、文部科学省の亀岡偉民副大臣らが15日、市教育委員会を訪れて長田淳教育長と面談し、早期の事実解明と加害者の厳正な処分を求めた。
引用:日本経済新聞(10月15日)

謝罪コメントに批判が殺到

神戸市立東須磨小学校の教員による教員への“いじめ問題”について、加害教員4人それぞれの謝罪コメントが10月16日に公開された。しかし、主犯格とされる女性教員のコメントに非難の声が止まない。
引用:女性自身(10月17日)

・・・主犯格とされる40代女性教員はコメントでまず「子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません」と切り出した。そして「被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません」とつづりながらも、こう明かした。
引用:女性自身(10月17日)

「本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです」
そして、「どうなっているのかと、ずっと思っています」と結んでいる。
引用:女性自身(10月17日)

同小では子供のいじめも急増

神戸市の公立小学校の教諭間のいじめ問題を受けて市議会が開かれ、市教委はこの小学校では、子どもどうしのいじめの認知件数が今年度、急増しており「教員間の人間関係が影響した可能性もある」として、対策を急ぐ考えを示しました。引用:兵庫ニュースWEB(10月17日)

性行為強要の疑いも浮上

時期は昨年末ごろ。加害教師4人組の1人で、30代男性のA教師が、後輩教師の男女に対し、「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」などと脅迫の上、性行為を強要し、その証拠画像を撮影して送るよう指示していた。さらに「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じた上、動画が報道されている「激辛カレー強要事件」の被害者であるX先生の携帯に、その画像を送らせたことも分かった。
引用:文春オンライン(10月16日)

カレー中止に批判続出

神戸市立東須磨小学校の「教員いじめ」で、その道具に使われたカレーを給食から一時的に中止すると市教委が発表し、ネット上でも波紋が広がっている。
カレーショップからは、「カレーに罪はない」と疑問視する声が続出している。しかし、市教委では、「児童らが精神的ショックを受けているため」だとして、当面続ける考えだ。
引用:J-CASTニュース(10月20日)

いじめ主導者の教員の過去も明らかに

「羽鳥慎一モーニングショー」で神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題を特集。

被害教諭の車に乗ったり、激辛カレーを食べさせる際に羽交い締めにするなど、いじめを主導していたと思われる30代男性教諭の元同級生を取材、証言を伝えた。・・・

「粗暴なタイプ。掲示板にある画びょうとかを同級生にぶつけて楽しむとか、プロレス技ですね足4の字固めですね、そういうのを同級生にかけたりして」と話した。・・・

「先生の目が行き届かないところでは悪さをするタイプですね。人を選んで悪さをするタイプでした」と指摘。「対象になる人はおとなしいタイプ、反抗しないタイプのそういう子を狙って攻撃するって感じでしたね」と当時から“イジメ”の兆候があってことを明かした。
引用:スポーツ報知(10月21日)

主犯格女教師に”元校長の愛人”説も

校長がお気に入りの教員を招き入れる“神戸方式”によって、主犯格の40代女性教諭が赴任してきたのは、前々校長時代の2017年のこと。学校関係者は次のように証言する。
「女性教師がボスで、3人の男性教員は、彼女に嫌われたくない一心だったようです。独身の彼女は、愛人だと陰口を叩かれるほど芝本力前校長に気に入られ、虎の威を借りていました」
引用:デイリー新潮(10月24日)

加害教師の給与差し止めへ

神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめた問題で、神戸市は28日、有給休暇を取っている加害教諭4人への給与支払いを差し止める改正条例案を市議会に提出し、市議会総務財政委員会は同日、賛成多数で可決した。
引用:産経WEST(10月28日)

ネットの声は?

いじめというより犯罪として認識している人が多く、厳罰を求める声が大多数を占めている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク