シュノーケリングにおすすめ!伊豆の海水浴場①「ヒリゾ浜」(動画あり)

伊豆随一の透明度を誇るヒリゾ浜。駐車場までのアクセスが不便で、しかも道が狭くて大混雑。その上、浜までは有料ボートで行き来しなければいけないという絶海の孤島ならぬ絶海のビーチ。でも苦労していくだけの価値あり。


スポンサーリンク

駐車場もビーチも混雑は覚悟の上で

ヒリゾ浜は伊豆の海の中でも透明度がダントツに高く、サンゴが見られる日本最北端の場所ということで知られており、2012年には国内で25番目のジオパークに認定されている。

駐車場は満車、朝一の渡し船に長蛇の列。ピーク時は朝6時の時点で駐車場が満車に。
hirizo_aa

渡し船のチケット売り場。
hirizo_b

渡し船でヒリゾ浜へ。波しぶきを上げて走る船はけっこう速い。
hirizo_f

船から見たヒリゾ。きれいな青色の海にワクワク。
hirizo_d

船着き場から上陸。狭いので注意。
hirizo_e

ビーチというより岩場。狭いところにテントがびっしり。平らな場所は真っ先に埋まる。
hirizo02

混雑は覚悟の上。海も混雑している時はすごい。潜っている時に蹴られないように注意。

海の中は驚きの透明度

地形的に水が淀まないこともあり、透明感は常に抜群。
hirizo04hirizo05

魚の種類も豊富。深いところに行くほど大型に。
hirizo06

海の中の様子。

パノラマ写真

ワンポイントアドバイス

とにかく不便。トイレに行くにも船に乗らないとダメ。そういう場所だってことを覚悟していくこと。

流れがきついので岩につかまりながら進まなければならない事が多い。マリングローブか軍手を必ず用意して行くこと。

過去には死亡事故も起きている。深いところはかなり深いし、水温の変化も激しい。一人で深いところに行かないように注意。初心者向けの場所ではないので水浴び気分で行かないように。

<公式サイト>

[browser-shot url=”http://www.nakagi.jp” width=”300″]

あると便利な物

①水タンクと電動シャワーを車に積んでおくと何かと便利。
shower

②ポップアップテントはやっぱり楽。上手くたためない人は下の動画を参照。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク