日本一買ってはいけないお土産に決定!「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の『百味ビーンズ』

「ウィザーディングワールド・オブ・ハリーポッター」行ってきました。アーリーで入って真っ先に飛び込んだのが「ハニーデュークス」で、しかも店内アナウンスで「百味ビーンズ(ひゃくみびーんず)はおひとり様2個まで購入いただけま~す」と2個限定宣言していたため、何も考えずに2個購入。

DSC04664

帰って試食した結果、購入を大いに後悔し、職場に持っていくのもためらってしまうような処分不可能品となりました。恐るべし、百味ビーンズ!


スポンサーリンク

百味ビーンズ、一箱1800円也

この百味ビーンズというシロモノ、一箱170グラムで値段は1800円なんです。ジェリービーンズ1個がおよそ1グラムなので、170個弱ぐらい入っていると思います。
DSC04641

箱はレトロでかわいいです。ビーンズは白い皿に全部並べるととってもきれいです。でもそれ以外に褒めるところはありません。この百味ビーンズはほぼ100%「話のタネ」としての存在価値しかない、キョーレツなお菓子です。
DSC04696

味は20種類、食べられるのは5種類ぐらい?

箱に中に小さな説明書きが入っていて、味の種類が載っています。そこにあるのは鼻くそ・バナナ・ミミズ・ブルーベリー・ソーセージ・レモンキャンディー・耳あか・青リンゴ・マシュマロ・シナモン・綿菓子・草・黒コショウ・ゲロ・腐った卵・スイカ・土・チェリー・砂糖漬け果物・せっけんの20種類。
DSC04647

もともとジェリービーンズってのはそんなにおいしい物ではありません。香料きついです。今回の20種類の中でまあまあおいしく食べられるのはレモンや青リンゴ・スイカ・チェリーなどのフルーツ系に加えて綿菓子・シナモンあたりがせいぜい。
DSC04699

でも、まずいビーンズの後味が強烈すぎて、おいしいビーンズもおいしくなくなるところが百味ビーンズのすごいところ。

個人的にひどかったと思う味ワースト3を挙げると・・・。

ワースト第3位「ゲロ味」
これはロクでもない味。ほのかな酸味がリアルに「ゲロ」。
DSC04709

ワースト第2位「腐った卵味」
腐った卵の硫黄臭さを上手に再現した逸品。後味最悪。
DSC04711

ワースト第1位「せっけん味」
これは食べ物じゃない!ゲロ味や腐った卵味が嫌いじゃないという人はまかり間違っているかもしれないけど、せっけんの味が好きな人は多分いない。いっぱい入ってたけど、1つしか食べる気になりませんでした。
DSC04713

ちなみにどれも途中で吐き出さず、最後までよく味わって食べました。結果、レモンで口直しをしても効かないくらい後を引きました。

食べなければわからないこのまずさがポイント

とはいえ、話しのネタにはなります。話題性のあるお土産としては、今の日本でいちばんですね。草は草の味が、土は土の味がします。ミミズは土と草を合わせたような味。鼻くそ味はほのかな塩味、ソーセージ味はふつうにマズい。

成分表を見てもどうやってこの味を作っているのかはわかりません。食べないとわかりませんから、日本中の人がひととおり試し終わるまでは、やっぱり1800円で1箱買って帰るしかないですね。
DSC04645

ハニーデュークスは入店に数時間待ちで、さらにレジ並びに数時間待ちの人気店。百味ビーンズはハニーデュークスでしか売っていませんから、話題のお土産を買うためには覚悟が必要です。でも、たぶん私はもう二度と買いません。

以上、「日本一買ってはいけないお土産」百味ビーンズの紹介でした。

追記:百味ビーンズは7月22日以降はひとり1個制限になるみたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク