マックの全面禁煙は「英断」?それとも「戦略のブレ」?・・・結局のところ日本人の禁煙はまだ遠い

8月1日から国内すべての店舗で全面禁煙を実施したマクドナルド。話が禁煙問題だけに、当然ながら吸う側と吸わない側で意見が真っ二つ。


スポンサーリンク

「戦略のブレ」と評価した国内メディアも

NEWSポストセブンが『マックの全席禁煙「cafe戦略のブレで来店動機薄れる」と識者』という記事を出した。中国の鶏肉問題で信用失墜したマクドナルドが、品質・環境問題をアピールするのに急遽全面禁煙に乗り出したことが、それまでの分煙対策によるカフェ化の強化でリピーターを増やそうとしていたマーケティング戦略からの急激な方向転換で、戦略ブレブレだという。

→情報元を読む

NEWSポストセブンは以前にもマックに関しては同じ識者の意見を参考に、今回と似たようなスタンスで記事を書いている。マックに対しては若干厳しい。愛の鞭か。

→情報元を読む

マックは数年前から禁煙化への移行を計画していたと報道している記事を以前読んだ。海外のソースだったが、「全面禁煙の方針を取っている飲食店は日本ではまだ比較的少ない」と書かれていた。禁煙が当たり前になっている国ほど、マックの判断が単なる健康志向の表れととらえて、違和感を感じないのかもしれない。

→情報元を読む

愛煙家と嫌煙家は所詮相容れない

NEWSポストセブンの記事にも愛煙家のコメントが1つだけ載っている。

「毎朝、散歩がてらにスポーツ新聞を買い、マックで一服しながらコーヒーを飲むのが定年後の日課になっていました。コーヒーの味も数年前のリニューアルで深みが増して気に入っていたのに・・・。7月に突如タバコが吸えなくなってからは、駅前のコーヒーチェーンに行っています」(千葉県在住・60代男性)

吸いたい人には本当に死活問題なのだろう。

2チャンネルをのぞくと、この記事に関してはいろいろあって面白い。

東京全面禁煙化が実施されるなら、全国的な先鞭付けましたっていうのはありじゃないの?

ブレてると思うが、方針としては間違ってない。分煙っつっても煙流れてくるし、ニコチン猿とすれ違うとそれだけで吐きそうになる。ほんとに分煙する気ならそもそも出入り口から分けるべき

数年前から近所のマクドは館内禁煙だったけどいつも大入り満員だったよ、

子連れのヤンママグループ子供放置で走り回る
近所の中学生が5,6人で来てポテト1個で数時間遊んでる
コーヒー1杯で数時間勉強する学生やノートで仕事するリーマン

こんなのでいつも混雑してるよ、今でも。

近所のモスが分煙だけどやっぱ臭いよ
子供を連れて行きにくい
マクドは英断ですよ




個人的には吸わないんで、臭くないところが好き。たとえ分煙対策がされていても臭いので行きたくない。でもそういう私も13年前までは吸っていたので、タバコを止められない人の「気の毒さ」というのはとてもよくわかる。オーストラリアのように政府が禁煙対策に乗り出して、救済してあげればいいのにとつくづく思う今日この頃。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク