ニュース1週間(2014/12/15~12/21) ~「八百長疑惑」「小保方氏退職」「密漁者逮捕」

スポンサーリンク

12月15日(月)衆院選の投票率、最低記録を更新

総務省の発表によると、今回の衆院選(小選挙区)の投票率は52.66%で、戦後最低を記録した前回2012年の59.32%をさらに6.66ポイント下回り、最低記録を更新。全ての都道府県別で60%を割り込んだ。

都道府県別の投票率では、ワースト3が青森県(46.83%)、徳島県(47.22%)、富山県(47.46%)。もっとも投票率の高かったのは島根県(59.24%)、山梨県(59.18%)、山形県(59.15%)だった。

→投票率52.66%、戦後最低を更新 総務省発表

12月16日(火) アギーレ監督、スペインで告発

◇スペインの検察当局は、2011年5月のサッカー・スペイン1部レバンテ―サラゴサ戦で不正が行われた可能性があるとして、日本代表のハビエル・アギーレ監督を告発した。

サラゴサの1部リーグ残留を決めたこの試合では、工作資金として96万5千ユーロ(約1億4千万円)が動いた疑いがある。

→アギーレ八百長疑惑捜査!スペイン検察告発


12月17日(水) JR東海、リニア着工

◇JR東海は、品川­‐名古屋間で2027年に開業予定のリニア中央新幹線の工事を開始した。地下に造る予定の名古屋のリニア新駅は2015年秋に本格的な土木工事に取りかかる。13年越しの大事業だが、ルート全体の86パーセントがトンネルであるだけに、大量の残土の排出や南アルプスの難工事など課題も多い。

→JR東海、リニア新幹線着工…27年開業目指す

12月18日(木) 小保方氏、STAP再現できず

◇STAP細胞の有無を確かめる検証実験で理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究員(31)が細胞を作れず、論文に記載した実験内容を再現できなかったことが判明。今週中にも理研が検証実験の結果を発表する予定。

→小保方氏、STAP細胞再現できず…存在しない可能性高まる

12月19日(金) 小保方氏、理研退職へ

STAP細胞の再現に失敗した小保方氏は理研の記者会見の席には同席しなかったが、自身のコメントを発表した。以下引用。

「どのような状況下であっても、必ず十分な結果をと思い、必死に過ごした3カ月でした。予想をはるかに超えた制約の中での作業となり、細かな条件を検討できなかったことなどが悔やまれますが、与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果にとどまってしまったことに大変困惑しております。」

理研の発表によると、小保方氏から実験期間延長の申し出はなかったとのこと。本人が退職しても、中断していた懲戒の手続きは再開される。処分内容は今後検討される。

→小保方さん退職願「今はただ疲れ切り…」
→「小保方さんは困惑」/理研会見一問一答

12月20日(土) SPEへのハッキングは北朝鮮によるものとFBIが断定

◇北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が暗殺されるコメディー映画を製作した米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)が大規模なハッキング被害を受けた事件で、アメリカ連邦捜査局(FBI)は、「北朝鮮政府に責任があると判断するのに十分な情報を集めた」と発表。オバマ大統領は「適切な時期に相応の対策をとる」「上映中止は誤りだった」とコメント。

SPEは「2001年の9月11日を思い出せ」等の脅迫文や、従業員が脅迫されるなど深刻な被害を受け、上映中止を発表したことで、「テロに屈した」と批判されていた。

12月21日(日)

◇伊豆諸島の鳥島沖でサンゴの密漁をしたとして、第3管区海上保安本部は21日、中国漁船の船長、林兵(リンビン)容疑者(46)を外国人漁業規制法違反(領海内操業)容疑で現行犯逮捕した。100キロの逃走の末の逮捕で、追跡は12時間に渡ったという。

サンゴ密漁による中国人船長の逮捕者は10人目で、罰金の上限が400万円から3,000万円に引き上げられてからは1人目。

→サンゴ密漁:鳥島沖100キロ追跡12時間後に停船逮捕

セコいニュースが多い一週間だった。選挙も何だかパッとしなかったし。小保方さんも何がしたかったのか結局よくわからないし。世の中もう少し判りやすくならないものでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク