人間の妙なたくましさを感じるニュース 半ば呆れ気味

なんだろうか、この情熱を別のところに使えば、きっと世の中はもっと良くなるような気がする・・・

そんなふうに思ったニュースをいくつか。


エボラウイルスのぬいぐるみが人気「世界的に在庫切れ状態」

アメリカのジャイアント・マイクローブ社が発売しているエボラウイルスのぬいぐるみが世界的に品切れ状態らしい。

標準サイズは9.95ドル(約1060円)。大きいサイズなら29.95ドル(約3200円)で、ぬいぐるみを収納するシャーレも14.95ドル(約1600円)で販売中とのこと。

売る方も買う方もたいした神経だと思う。エボラが蔓延してもぬいぐるみで遊んでいそうだ。

<公式サイト>

[browser-shot url=”http://www.giantmicrobes.com/us/products/ebola.html” width=”300″]

→情報元を読む

カナダのマクドナルドでコーヒーからネズミの死骸

カナダ紙「ジューナルド・モンレアル」が10月15日に伝えたところによると、カナダの男性がフレデリクトンにあるマクドナルドで買ったコーヒーからネズミの死骸を発見したとのこと。マクドナルド側が調査中。

ネズミを発見した男性はSNSに写真を載せ、拡散。

事実ならば大変なことだが、ネズミを見つけたという男性がとても嬉しそうに報告している動画を見てしまうと全く信用できなくなる。でっち上げて訴訟に持ち込もうという輩だとしたら、それはそれですごい負のエネルギーの持ち主だと思われる。

エアマットで無人島目指し漂流、厳重注意

神奈川県葉山の海岸から沖合の無人島「名島」を目指してエアマットで航行しようとした大学生が漂流。自ら119番通報し、沖合約3キロの海上で保安庁に救助された。

救命胴衣もオールもなく、棒で海底を突いて進もうとしていたらしいが、救助された場所は水深70mだった。保護者とともに厳重注意を受けた。

→情報元を読む

その情熱を生かして、世界を股にかけるような探検家か海賊になって欲しいものだ。



この逞しさというかエネルギー、方向は間違ってるかも知れないけれど、ある意味うらやましいような気さえする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク