本日11月26日からサービスを開始するニフティの格安スマホ「NifMo」に惹かれる3つの理由

久々に心惹かれるMVNOサービスがスタートしました。11月26日から始まるニフティの「NifMo」は、(税抜)の格安サービスです。

nifty0

nifmo.nifty.com

この「NifMo」が注目される理由は次の3つです。


スポンサーリンク

「ZenFone 5」とのセット販売がある

ASUSのAndroidスマートフォン「ZenFone™ 5(16GBモデル)」とのセットプランがあります。音声通話対応のSIMカード(2GBのデータ通信つき)と「ZenFone 5」(分割払い)をセットにしたプランで月額2,897円。本体分は1,297円×24回(一括払いは31,112円)です。アマゾンで購入すると29,000円ぐらいですから、分割払いをしてもそれほど高い金額ではありません。

スペック的に疑問がある端末とのセット販売は、たとえ安くても手を出す気がしませんが、「ZenFone 5」となると話が違います。分割購入をしたい人には渡りに船でしょう。

さらに、2014年11月26日~2015年1月31日の期間内であればスタートキャンペーンとして、セット購入のユーザーは24か月間毎月200円割り引きになります。このキャンペーンを利用すると、音声通話なしで2GBプランのSIMカードと「ZenFone 5」のセットなら1,997円(税抜)の月額でスマホが手に入ることになります。

「BBモバイルポイント」が無料で使える

JR主要駅や空港、マクドナルド、新幹線内など、全国4200カ所のアクセスポイント数を誇る「BBモバイルポイント」が無料で使えるのも魅力です。通常なら月額500円ほどかかる「BBモバイルポイント」ですから、普段の暮らしの中でマックを利用することが多い人はかなりお得。

公衆無線WiFiのアカウントが無料でついてくるサービスはBIC SIM (IIJ)でも行っていましたが、外出先でアクセスポイントが気軽に使えるのはとても助かります。一番欲しいサービスかもしれません。

買い物をすると使用料が安くなる

専用アプリ「NifMo バリュープログラム」を経由して、「NifMo」が提携する100以上のショッピングサイトで買い物をすると、購入金額の0.9~10%が還元されて、その分利用料金が割り引かれる制度があります。また、おすすめアプリをダウンロードしたりすることでも料金が安くなります。

nifty1

マツキヨやYahoo!ショッピングが提携ショップに入っているので、月々の買い物と組み合わせれば、月々のスマホ代が限りなく0円に近づくということも・・・。


格安SIMは価格破壊の時代に突入しました。今後も魅力的なプランが次々登場することが予想されます。目移りしていろいろ悩むかもしれませんが、結局はタイミングの問題。スタートキャンペーンを上手に使うのも有効な手ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク