新理論「多世界相互作用理論」発表~パラレルユニバース?平行宇宙?って人は勉強不足!?

グリフィス大学(オーストラリア)とカリフォルニア大学(アメリカ)の研究チームが、パラレルユニバース(並行宇宙/パラレルワールド)に関する新たな理論を提唱。それによると、並行宇宙はそれぞれ独立に進化するのではなく、他の宇宙と相互作用しているという。

→情報元を読む


日本ではパラレルワールドという言葉がもっともよく知られているが、量子力学上の並行宇宙の理論上では、全ての物質は変化が観測される瞬間までは原子が崩壊した状態と崩壊していない状態とが重なり合って存在している。2つの異なる状態のうちの、変化後の状態しか目視できない我々には、重なり合っていたもう一方の状態を認識できない。

→シュレーディンガーの猫(WiKi)
この無数に並行に存在する”認識できない世界”は、今までの理論では相互に干渉することが一切なく、存在を検証し合うことが不可能だと考えられてきた。

今回発表された「多世界相互作用理論」とは、今までそれぞれが独立して進化していくと考えられていたパラレルワールドが、それぞれに微弱な力によって相互作用しながら存在しているという新理論。この理論の上ではパラレルワールド同士の相互検証も可能となると考えられる。

SF映画などによく登場してきたパラレルワールドを、我々の世界から観測できる日が、いずれは来るのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク