バレットタイム撮影でオロナミンCと一緒に『マトリックス』気分を味わうイベント

バレットタイム撮影というと真っ先に思い浮かぶのが、映画『マトリックス』のキャリー=アン・モスの格闘シーン。この映画によって、複数台のカメラで被写体をぐるっと囲んで撮影するバレットタイム撮影、別名マシンガン撮影が一躍有名になりました。

このバレットタイム撮影を街頭で体験できるイベントがオロナミンCの大塚製薬の主催で、東響にて行われています。


オロナミンCのイベント、特設のブースの中でジャンプするだけで周囲のカメラによってバレットタイム撮影が行われ、CGと合成して30秒の動画がつくられるというもの。動画はYoutubeで公開されます。

例えばこんな感じ。

タイミングが合わせられなくて飛んでない人もいますが、上手にできた人の動画はなかなか面白いものに仕上がっています。

バレットタイム撮影だけは個人ではちょっと手が出せないシロモノ。iPhone9台で撮影したものがYoutubeにアップされていましたが、う~んという感じ。なかなか難しいですね。

8月1日から3日の新宿のイベントはもう終わってしまいましたが、8月9日から17日には赤坂、22日から24日には渋谷で開催されます。先着順だそうです。筆者の家からはちょっと遠すぎるのですが、近郊の人はチャレンジして見てはいかがですか。

詳細は公式サイトで確認しましょう。

<公式サイト>

[browser-shot url=”http://genkihatsuratsu360.jp” width=”300″]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク