TIME誌の2013年「Top10ガジェット」の1位がようやく日本で販売開始!

欲しいものリストに全部そのまま並びそうな、TIME誌の「Top 10 Gadgets of 2013」。その中で第1位に輝いたガジェットが5月28日、ようやく日本での販売を開始した。

他国で売れすぎてなかなか日本に回ってこなかった人気商品。米国での発売に遅れること1年、ようやくお目見えした人気ガジェットがGoogleの「Chromecast」



この商品は、一言でいうとTVでネット上の動画やコンテンツを楽しむためのおもちゃ。TVのHDMI端子に挿して使う小型の端末のようなもの。

「Chromecast」と同じようなことを、手持ちのもので実現させようと思ったらこんな感じになる。
①ノートPCをHDMI端子でTVにつなぐ。
②ノートPCとスマホをGOMリモートWiFiMouseでつないで、スマホから操作できるようにする。
③ノートPCでローカル動画やYoutube動画を観る。操作はスマホから。

かなりめんどくさい。これが4,200円で実現できてしまうのだから、「Chromecast」というこのおもちゃはお買い得だと言える。

Youtubeの「Let It Go」クリップが公開5カ月で2億4200万回再生されたことを見ても、生活へのネット動画の浸透力は凄まじい。4Kコンテンツの配信も始まった今、TVの大画面で見るニーズは高まるばかり。これに目を付けたばかりか価格的にも抑えて売り出したGoogleはやはり賢い。日本のガジェットメーカーなら安くても9,800円ぐらいの値を付けるだろう。

スマホがPCを凌駕する近年。こういうナイスなガジェットはどんどん増えていき、ますますスマホ中心の生活になりそうな予感がする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク