海・魚・クラウンメロン!静岡でおいしい夏を楽しもう

shph23

今年も夏が近づいてきた。夏といえば海遊び。とくに関東一円の人は伊豆方面へ出かける人も多い。海水浴で有名な伊豆方面だが、静岡県というところがおいしいものをリーズナブルな値段で食べられるところだということを意外と知らない人が多い。


静岡に行くなら、何をさておきこれだけは食べに行きたい、ハズレなしのスポットを紹介。

スポンサーリンク

おいしい魚をがっつり食べたい!

漁港の多い静岡県ならではの新鮮な海の幸を逃す手はない。中でも特にマグロは若返りに効くDHAが豊富とあって人気が集中。

小川港魚河岸食堂

地元にも観光客にも大人気の、魚河岸直営の共同食堂。

shph06

広い店内。
shph09

壁いっぱいに貼られたメニュー。悩む。
shph08

とにかくまぐろ。分厚い!
shph01

実は隠れた絶品、黒はんぺんのフライ。
shph07

肩の凝らないオープンな食堂で新鮮な魚を安くいただく。これが最高。

<<小川港魚河岸食堂>>

[browser-shot url=”http://www.yaizu-uonaka.or.jp/shokudo/default.asp” width=”300″]

清水魚市場 河岸の市「まぐろ館」

魚市場直営ではとても珍しい、夜10時まで営業のありがたい施設。

館内には食事処がずらり。その中の一軒「どん兵衛」。
shph21

いろいろな魚が味わいたいなら日替わり丼。
shph02

清水に宿泊するなら夕食はここ。夜遅くに到着しても新鮮な魚料理を食べに行けるのはすごくうれしい。

<<河岸の市 まぐろ館>>

[browser-shot url=”http://www.kashinoichi.com/maguro/” width=”300″]

とれたてのクラウンメロンが食べたい!

名倉メロン農場

テレビにもよく取りあげられる超有名なメロン農場。袋井市にある。

shph11

「王様」と呼ばれる食べ物がどのジャンルにもあるが、「メロンの王様」というとクラウンメロンをおいて他にはない。

クラウンメロンとは・・・
マスクメロンの中でも最高級の呼び声高い、クラウン印のマスクメロン。静岡県で栽培されている。通常12~13度で十分甘いとされているメロンだが、クラウンメロンはMAX15度にも達する、メロンとしてはダントツの糖度を持つ。濃厚な味と香りを持つ王様の中の王様メロン。

温室でとれた完熟のクラウンメロンを、その場でいただけるうれしいお店が、「名倉メロン農場」の中にある直営カフェ。
shph19

お店で食べるメロンはハーフカット、4分の1カット、8分の1カットから選べる。パフェ好きなら迷わずメロンパフェ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メロンのシフォン、8分の1カットメロン、メロンジュース、メロンシャーベットがセットになったフルコースもある。
shph03

メロンは数多くあれど、名倉農場のメロンだけは一味違う。1年365日、情熱の全てをメロンに懸けている名倉農場ならではの逸品。
shph10

<<名倉メロン農場>>

[browser-shot url=”http://nagura-melon.jp” width=”300″]

フルーツを使ったコールドスイーツが食べたい!

暑い夏に火照った身体を冷やしてくれるのは、コールドスイーツしかない。

農園カフェ「なかじま園」

一年を通じて、おいしいフルーツを使ったデザートを楽しめる、農園直営のカフェ。
shph05

新鮮なメロンから丁寧にくり抜いたメロンボールがてんこ盛りの「夢のメロンパフェ」。最高!
shph17

フローズンいちごとミルクのセット「飲むかき氷」。他では味わえない。
shph18

お腹が空いている人はいちごのワッフル。
shph20

夏に限らず、どの季節に行っても楽しくておいしいお店。旬のものは期間も短いのでサイトで要チェック。

<<なかじま園>>

[browser-shot url=”http://www.ichigo15.jp/cafe.html” width=”300″]

おいしいものがいっぱいの静岡。夏休みの海水浴がてら、足を運んで損のないお店ばかり。近くを通ったら(近くを通らなくても)必ず寄るべし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク