<追悼>高倉健さんありがとう 『遥かなる山の呼び声』は今も最高のバイブルです

追悼、高倉健さん。83歳は若過ぎました。とても残念で言葉になりません。

→「俳優・高倉健さん、死去」
今までに何度も見返している高倉健さんの出演作品。自分的ベスト1は何といっても『遥かなる山の呼び声』に尽きます。あの映画で無条件に感じた”力強い兄貴”というイメージ。高倉健さん以外の俳優さんに感じたことはありません。今までに多分50回以上観ているんじゃないかと・・・。ほとんどバイブルですね。

takakuraken1-s

虻田三兄弟と闘っちゃうシーン。実は笑いも取っちゃうようなシーンだけど、なんでこんなにかっこいいんだろう。上着を脱ぎ捨てる後ろ姿に男も惚れます。

寝る前の小学生に重た~い身の上話をしてしまう、真面目な健さんが好きです。

ハナ肇さんの演技も光る、列車内でのラストシーン。どうして何回観ても泣けるんだろう。最後の最後に長調にに転調する音楽も本当にいい!

昭和に生まれたイチ映画ファンにとって、健さんの『遥かなる山の呼び声』は、心の芯にいつも持っていたい憧れのようなものが詰まった珠玉の名作だと思います。


2009年に亡くなった森繁久彌さん(96歳)、2012年に亡くなった森光子(92歳)さんと同じ11月18日に亡くなった高倉健さん。昭和を代表する3人の俳優が奇しくも同じ日に亡くなり、ネット上では「昭和が遠くなった日の象徴」として記念日にすべき、との声まで挙がっています。難しいことは抜きにして、健さんのためになら無条件で賛同しちゃいます。

健さん、素敵な映画をありがとうございました。ご冥福を心からお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク