読むともう一度観たくなる! ジブリ『千と千尋の神隠し』のトリビア・都市伝説・深読み

2001年に公開されて、興行収入304億円の歴代最高記録を打ち出した稀代の名作アニメ『千と千尋の神隠し』。愛される作品には様々なトリビアや都市伝説、そして深読み情報がつきものですが、『千と千尋・・・』に関しても様々な情報が飛び交っています。中には信じがたい話もありますが、そういうものも含めて”あることないこと”を楽しむのも一興。

スポンサーリンク

風俗業界を描いたものだという話

「油屋」は「湯屋」であり、モチーフは「風俗業」

yuya1

宮崎監督はあるインタビューの中で「今度は風俗業界を描きたい」という主旨の話をしていたそうです。江戸時代には地方の温泉宿から始まった混浴の公衆浴場「湯屋」が存在し、湯女(ゆな)と呼ばれる女性たちが働いていました。

湯女(ゆな)とは、江戸時代初期の都市において、銭湯で垢すりや髪すきのサービスを提供した女性である。中世には有馬温泉など温泉宿において見られ、次第に都市に移入された。当初は垢すりや髪すきのサービスだけだったが、次第に飲食や音曲に加え売春をするようになったため、幕府はしばしば禁止令を発令し、江戸では明暦3年(1657年)以降吉原遊郭のみに限定された。(Wikiより引用

千尋は借金の肩に売られた娼婦

普通の感覚ではあり得ないと思うような千尋の両親の行動は、「快楽に溺れてバカなことをして借金を作った親」を表現しており、千尋はその両親の借金の肩代わりに売られてしまった娘であるという解釈があります。

千は源氏名

「油屋」では本名ではない別の名前で呼ばれます。これは風俗業界でいう”源氏名(げんじな)”であり、本当の名前を忘れるというのは後戻りのできないところまでこの世界にどっぷり浸かってしまうことを指しています。

お客が全員男→娼館

油屋に来る八百万の神たちは全員男として描かれているようです。すべて個室であったり、女性客がいないことから、「風俗」的な施設であることが想像できます。

入り口に「回春」の文字

お腐れ様の来店で大慌てのシーン。湯婆婆の後ろの金の屏風には「回春」の文字が映っています。「病気の回復」や「若返り」の意味ですが、日本ではもっぱら「精力の復活」の意味合いで使いますね。

キャバクラ話が題材に

宮崎監督は鈴木敏夫プロデューサーから聞いたこんな話にアイデアをもらったと話していたそうです。

「人とちゃんと挨拶ができないような女の子がキャバクラで働くことで、心を開く訓練になることがあるそうですよ」

確かに千尋は油屋での生活を通じてしっかりした言葉遣いや自主性のようなものを身につけ、成長していきます。


死後の世界を描いたものだという話

トンネルの先は死後の世界

物語の冒頭で、車を不自然なほど暴走させる父親。この暴走で事故を起こし、3人とも瀕死の重傷になって死の世界へ足を突っ込み、三途の川を渡ってしまったのだという解釈があります。トンネルや川というのはこの世とあの世の境い目だというイメージが強いですね。

電車のモチーフは「銀河鉄道」

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の大ファンだという宮崎監督がどうしても描きたかったのが「海原と電車」だったという話。銀河鉄道の乗客がみんな死んだ人たちであったのと同様に、『千と千尋・・・』の電車に乗っている半透明な乗客たちも「肉体を持たない魂だけの存在」だという話です。

電車の行き先は「あの世」

釜爺が「降りる駅を間違えると大変なことになる」と忠告していることから、電車の終着駅は「あの世」であると考えられ、銭婆婆の住む「沼の底」はその一歩手前だと考えることができます。危険な旅だったのですね。

電車は魂が現世とあの世を行き来する手段

釜爺のセリフに「昔は戻りの電車があったが近頃は行きっぱなし」というものがありますが、昔はお盆で魂が返ってくることもあったけれど最近はそういう風習も薄れてしまった、という意味合いがあるという解釈もあります。

ホームに立つ少女

ホームにたたずむ女の子の姿が車内から見えるシーンがあります。この少女の正体については様々な憶測がありますが、都市伝説として有名なのは”『火垂るの墓』の節子”というもの。兄より先に亡くなった節子は、沼原駅のプラットホームで兄を待っているのだと言われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク