読むともう一度観たくなる! ジブリ『千と千尋の神隠し』のトリビア・都市伝説・深読み

油屋のモデル

湯婆婆の経営する「油屋」のモデルとしては、現在5カ所が挙げられています。

1.道後温泉(どうごおんせん)

愛媛県松山市にある道後温泉の本館は、『千と千尋・・・』製作スタッフがスケッチしたという記録もあるようで、外観・内装ともに作品への影響が大きいと考えられています。

→公式サイト

2.元禄旅籠 油屋(げんろくはたご あぶらや)

岡山県真庭市の湯原温泉にある旅館。その名の通り元禄時代から続く旅館で、平成10年に改装してはいるものの、昔ながらの佇まいを持つ老舗旅館です。

→公式サイト

3.四万温泉 積善館(しまんおんせん せきぜんかん)

元禄七年開業、日本最古の湯宿建築を誇る老舗旅館。群馬県吾妻郡中之条町にあります。本館入口の前にある慶雲橋がアニメに登場する油屋の前の赤い橋のイメージモデルであると言われています。

→公式サイト

4.金具屋斉月楼(かなぐや さいげつろう)

[pc-mieru]

[/pc-mieru]

長野県下高井郡山ノ内町の渋温泉郷にある温泉旅館。国の登録有形文化財に認定されている斉月楼と大広間を有する歴史の宿です。アニメに影響を与えた建築物の一つと言われています。

→公式サイト

5.元湯 陣屋(もとゆ じんや)

神奈川県秦野市の鶴巻温泉にある旅館。宮崎監督の親族が女将をされており、幼少の頃に訪れた想い出がアニメにも影響していると言われています。

→公式サイト

5.子宝湯(こだからゆ)

足立区千住元町にあった銭湯でしたが、現在は「江戸東京たてもの園」に移築・保存されています。イメージモデルの中では最も自由に見学できる建築物です。

→公式サイト

6.目黒雅叙園(めぐろがじょえん)

油屋の内装のイメージモデルになったという噂がある、昭和の美術の粋を集めた豪華絢爛な内装を誇る結婚式場・宿泊施設です。

→公式サイト

異世界のイメージモデル

台湾の九份(キュウフン)一帯の風景がアニメに登場する混沌とした街並みに酷使しており、イメージモデルになったとされています。

特に豎崎路と呼ばれる階段道は最も有名なポイントです。

→参考サイト

釜爺の仕事場のモデル

釜爺の仕事場にあった、たくさんの引き出しはかなり印象的ですが、このモデルが「武居三省堂(たけいさんしょうどう)」だとされています。明治初期に創業した文具店で、店内には壁いっぱいに設えた無数の引き出しがあります。現在は江戸東京たてもの園で見学することができます。

→公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク