ニュース拾い読み(2015/1/6~8) 「STAP不正確定」「パリ新聞社襲撃」「マック異物混入騒動」

スポンサーリンク

STAP研究不正が確定 不服申し立てなし(1月6日)

◇理化学研究所の調査委員会が2014年12月にまとめた報告書について、理研は6日、小保方晴子元研究員らから不服の申し立てがなかったため調査結果が確定した、と発表。STAP研究は公式に”不正な研究”と認定されたことに。

◇小保方氏の処分について理研は懲戒委員会を再開する。しかし当の小保方氏はすでに退職したため、直接処分をすることはできないという。

→小保方氏、不服申し立てず STAP巡り研究不正が確定


パリの新聞社襲撃で12人死亡(1月7日)

◇フランスの風刺週刊紙「シャルリエブド」を発行するパリの新聞社に自動小銃を持った3人組の男が押し入り、乱射。編集長を含む新聞社員と警察官2名の合わせて12人が死亡した。

◇シャルリエブドはイスラム教の預言者ムハンマドを題材にした風刺画をたびたび掲載しており、今回の襲撃はイスラム過激派による犯行との見方が濃厚。犯人は7日中に出頭し拘束された17歳少年のほか、主犯と見られるパリ出身のサイド・クアシ(34)、シェリフ・クアシ(32)の2名。2名は現在も逃走中。

→パリ新聞社襲撃、12人死亡 イスラム風刺画掲載

マックの異物混入報道相次ぐ(1月8日)

◇大阪府河内長野市にあるマクドナルドの店舗で2014年8月26日にビッグマックセットを購入した客が、「マックフライポテト」に乳白色の異物を発見。外部機関の検査で「ヒトの歯」と判明。

◇2014年12月19日に「マクドナルド4号線郡山安積店」で販売された「サンデーチョコレート」にプラスチック片が混入しており、5歳の女児が口の中を切るけがをしていた。

◇マクドナルド三沢店(三沢市)で2015年1月3日に販売した「チキンナゲット」1個の中に、数センチの長さの青いビニール片が混入していたことが判明。

◇2015年1月7日夜、松本市高宮東6-5にあるマクドナルド松本高宮店で「ソフトツイスト」を購入した女性客が、ソフトクリームの中から透明なビニール片を発見。

◇東陽町駅前店でも2014年12月31日、チキンナゲットを購入して店内で食べていた客から「ビニール片のような異物が入っていた」という申し出があったことが、後日客からの「お客様サービス室」への電話で明らかに。店舗の従業員はその際、客から預かったビニール片を紛失した上、本部への報告を怠っていたことが判明。

→マック謝罪…異物4件、人の歯やプラスチック


小保方氏へはマスコミからのオファーが殺到しているとかしていないとか・・・。芸能界ってのはホントに変な世界だ。視聴する側的にはリケジョとして優秀だろうが女優球の名演技だろうがメンヘラだろうが、もうどうでもいいかな。

イスラム社会にしてもアジアの一部の国々にしても、言論出版の自由という概念がない世界はやっぱり怖い。気に入らないことが書かれるとすぐに実力行使に出ちゃうんだから。まあ日本でも政治家が裏でやってるみたいだけど。

→【衝撃スクープ】安倍政権が在京キー局に報道圧力 メディアは一切報じず
→安倍首相「言論機関へのテロ許されぬ」 仏紙襲撃事件

マックはさすがにもうダメかなあ。安く作るには目をつぶらなきゃいけないことがたくさんあったのかも・・・とか思われちゃうと外食産業はほぼ終わりでしょ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク