「サザン桑田謝罪」「三船美佳、高橋ジョージ離婚へ」「テリー伊藤降板」~よく考えるとどうでもいいかもしれない芸能ニュース(2015/1/15~)

サザン桑田、紫綬褒章パフォーマンスを謝罪(1月15日)

サザンの桑田佳祐が年越しライブの一件について謝罪のコメントを発表した。ファンの反応は賛否両論で、「『お下劣なロックミュージシャン』を演じただけで謝罪の必要ない」「間違いに気づいて謝罪したのは表現活動」「洒落(しゃれ)のわからない窮屈な世の中になっちゃったのかなあ」など様々。

以下、謝罪コメントから引用。

昨年秋、桑田佳祐が、紫綬褒章を賜るという栄誉に浴することができましたことから、ファンの方々に多数お集まりいただけるライブの場をお借りして、紫綬褒章をお披露目させていただき、いつも応援して下さっている皆様への感謝の気持ちをお伝えする場面も作らせていただきました。その際、感謝の表現方法に充分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があった為、不快な思いをされた方もいらっしゃいました。深く反省すると共に、ここに謹んでお詫び申し上げます。

紅白歌合戦に出演させて頂いた折のつけ髭は、お客様に楽しんで頂ければという意図であり、他意は全くございません。
また、一昨年のライブで演出の為に使用されたデモなどのニュース映像の内容は、緊張が高まる世界の現状を憂い、平和を希望する意図で使用したものです。
以上、ライブの内容に関しまして、特定の団体や思想等に賛同、反対、あるいは貶めるなどといった意図は全くございません。

→サザン桑田がライブパフォーマンスを謝罪



天下のサザン桑田も歳とったということでしょうか。謝罪コメントが出ました。「炎上上等」であんまり気にしない性格なんだとばかり思っていたのですが・・・。ヒンシュクを買ってこそサザン、みたいなイメージは今の世の中では通用しないのかも。



やっぱりがっかりした人が多かったようですね。ビビっちゃったように見えるからなあ。今更常識人ぶるな、って。

→サザン桑田の謝罪にファン「ガッカリした」 作家からも「この程度の批判精神」と散々けなされる

三船美佳と高橋ジョージが離婚調停(1月16日)

◇24歳差のおしどり夫婦で売っていた三船美佳と高橋ジョージが16年の結婚生活に終止符か。束縛の多い生活に嫌気がさしたという美佳は周囲に「自分の足で歩きたい」と決意を語っているとか。 一方で高橋の方は諦めきれず、調停は決裂。



高橋は以前にTV番組で、歳の差婚夫婦の円満の秘訣を「あまり向き合わないこと」と明かしていたけれど、向き合わなかったのが悪かったのかも・・・。最後はおじさんだけが寂しく残るのか。気の毒に。

→三船美佳、高橋ジョージと離婚へ 24歳差“おしどりロード”16年で…

テリーが「スッキリ!!」降板 「こいつキモいもん」発言のけじめ?(1月17日)

◇タレント・テリー伊藤(65)が16日放送の日本テレビ系の情報番組「スッキリ!!」で、今年3月をもって降板することを発表。

◇これを受けて、LINE騒動で物議を醸した山本景・大阪府議(34)がデイリースポーツの取材に対し、降板とBPO問題が関係しているのであれば、訴状を撤回すると発言。

◇テリーは昨年8月に同番組で、山本府議が起こした女子中学生らとのLINEトラブルに関して「こいつキモいもん」と発言して。これを山本府議が人権侵害に当たるとBPO(放送倫理・番組向上機構)に申し立て、BPOは昨年11月に審理入りを決定していた。



BPO問題についてはどっちもどっちという感じがするのであまり興味がないけれど、テリー伊藤氏も最近は特に話題作りのために変な人を擁護したりしている気がして視聴者側としては食傷気味だったので、そろそろもういいかな・・・・いろいろ降板してくれて・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク