「弁護士が脅迫」「埼玉教員メール禁止」~最近のちょっとイタいニュース <2015/1/17>

スポンサーリンク

強姦被害女性を被告側弁護士が脅迫!?

◇「『法廷でビデオが流されると分かっているのか。流されたくなかったら告訴取り下げをしろ。示談金はゼロ』と言われた。」宮崎市のオイルマッサージ店で性的暴行を受けた女性が、被告であるマッサージ店経営者の男(44)の弁護士から言われたと訴えた。

◇被告はこの女性を含め5人の女性客に対する強姦と強姦未遂、強制わいせつ罪に問われている。

◇被告側の男性弁護士は取材に対し「『告訴を取り下げたら(ビデオを)処分するが、どうする』とは言った」と認めたが「法廷での被害者の不利益が大きいのではないかと考え、選択肢として示した」と”脅迫”を否定。


被告女性がさらに弁護士から不快な思いをさせられるって、ひどい話ですね。弁護士にとって訴訟ってのは単なる駆け引きでしかないのかなと。弁護士って交渉をよく自慢するけれど、被害者の気持ちは関係なくて、重要なのは交渉テクニックの競い合い、ってことですか。

→強姦被告側弁護士:「示談なら暴行ビデオ処分」被害女性に


ついに「生徒とのメール禁止」となった埼玉教員

◇教員による不祥事が続発している埼玉県が昨年12月、県立学校の全教員に対し、携帯電話のメールや無料通信アプリ「LINE」を利用して生徒と私的に連絡を取ることを禁じる通知を出していたことが明らかになった。

◇埼玉県では2010年度から昨年12月までに、教諭や県教委職員によるわいせつ・セクハラ行為が計22件発生。

◇わいせつ・セクハラ行為に関する文科省の定義や、実際に問題を起こした場合の過去の処分事例などを記した小冊子も作製。今月9日付で183の全県立学校に配布したという。

→埼玉県:教諭に生徒とのメール禁止 わいせつ行為相次ぎ

メール禁止って、どれだけ信用が落ちてるんだって話。教員にはモラルの副読本が必要だとは・・・。税金ってこういうところに余計に使われてるのか。埼玉に住む子を持つ親は引っ越したくなるでしょうね。

つまようじ事件の模倣?で17歳少年逮捕

◇長崎県諫早市のスーパーで商品のスナック菓子につまようじを差し込んだとして、県警諫早署は17日、偽計業務妨害容疑で同市堂崎町の無職少年(17)を逮捕。

◇少年はつまようじを差す様子を撮った動画を投稿した上に、自分でスーパーに通報した。


まさかマネするヤツが出てくるとは露ほども思わなかった・・・。1人いれば何人もいるのか・・・。

→事件模倣か、17歳逮捕=菓子につまようじ―長崎県警

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク