「つまようじ少年確保」「百田噛みつきに返り討ち」「長野青少年条例」~最近のちょっとイタいニュース <2015/1/18~>

スポンサーリンク

”つまようじ少年”滋賀で身柄を拘束(1月18日)

◇歌詞に爪楊枝を混入させる様子や、万引きの様子を撮影してYoutubeに投稿し、逃走中も動画を投稿し続けていた19歳少年が、18日午前8時頃滋賀県内で警察に確保された。建造物侵入や威力業務妨害などの容疑がかけられている。
→滋賀で19歳少年を確保 つまようじ混入


これほどどうでもいいような犯罪者も珍しい。でも将来的により深刻な事件を起こす恐れもあるので、できればどこかに収容しておけるといいなあと思うんだけれど・・・。


百田尚樹氏がまた”野犬ツイート”するも返り討ちに

◇誰にでも噛みつく”野犬ツイート”がマイブームになっているらしい百田尚樹氏が民主党の有田芳生参院議員のツイートに噛みつくも、作家の盛田隆二氏により「何バカ言ってるの」と指摘された。

◇有田氏が18日、麹町のドトールで昼食をとったという何気ないツイートをしたところ、フォロワーが「麹町のドトールは日曜、祭日はお休みです。何で嘘を吐くんですか?」と指摘。それに便乗して百田氏が19日、「有田が行くと、休みの日でも店をあけるのか?すごいな国会議員は」と皮肉った」。それに対し盛田氏が一言ツイート。

「百田さん、麹町四番町店は日祝営業ですよ。そんなことより、人権救済を申し立てられた日に何バカ言ってるの」
この日は、百田さんのツイートをめぐりタレントの故・やしきたかじんさんの長女(41)が東京弁護士会に人権救済を申し立てていた日だった。

→百田尚樹、また「勘違い」? 「ドトールコーヒーで昼食」の有田芳生議員を批判したが・・・


誰がどこで何食ったっていいじゃねえか、だいたい閉まってる店を「開いてました」なんて誰得でもないウソ言わないって・・・、とか思わないのかなあ、この人。作品はそれなりに面白いのに、本人は残念すぎ。まあ作家にはありがちか。

「家康くん」をツイッターで脅迫?!

◇浜松市のご当地キャラクター「出世大名家康くん」のツイッターに、家康くんに危害を加えることをほのめかす書き込みをした男が逮捕された。「火事に気をつけて。あっという間に火だるまになる。17日浅間神社で会おう」と謎の投稿をした疑い。

◇男は「業務を妨害するつもりはなかった」と供述しているという。 ネットでは「普通に注意喚起してくれてるようにも思える」「単なるお節介な書き込み」との声も。

→家康くんに「火だるまになる」と危害ほのめかす

ひょっとして無自覚だったのか・・・?

「少女と遊ぶなら長野」で条例制定の検討か

◇全国で唯一「青少年健全育成条例がない」ことで有名な長野県が、ようやく条例制定の検討を始めた。ネットに横行する「10代の女の子と遊びたいなら、長野へ行けばいい。警察に捕まらないから」といった多くの書き込みが影響したと思われる。

◇長野県では以前から淫行処罰を規定する条例制定の声があったものの、共産党県議団や自民党県議団、それに信濃毎日新聞や県弁護士会などが反対していた。信濃毎日新聞の主張は「淫行処罰規定によって青少年の自由な恋愛に捜査機関が介入する可能性もある」「条例制定を前提とした検討の進め方は、全国で唯一、処罰で押さえ込む発想の条例を持たない長野県民の取り組みを否定することにもなる」など。

→「10代少女と遊びたいなら長野。捕まらないから」建前論では性被害食い止められぬ…“淫行処罰規定”なし、長野県が上げた重い腰
→「少女と遊ぶなら長野」と噂も出て 淫行処罰条例やっと制定の動き
→「10代少女と遊びたいなら長野。捕まらないから」建前論では性被害食い止められぬ…“淫行処罰規定”なし、長野県が上げた重い腰

頑な(かたくな)な態度というのは、往々にして怪しまれがちです。なぜそんなに子どもに大人と恋愛させたいんでしょうか。よくわかりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク