イスラム国が2邦人の殺害予告 72時間で安倍政権はどのような手立てを講じるのか

イスラム教の過激派組織「イスラム国」がついにその牙を日本へ向けました。昨年拉致した邦人2名が写った動画をインターネットに公開し、「72時間以内に身代金2億ドルを支払わなければ人質を殺害する」と脅迫しています。

動画の中で男がしゃべっていることは次のような内容だということです。

「日本の首相はイスラム国から8500キロ以上離れた場所にいるかもしれないが、あなたは自ら進んで(対「イスラム国」の)十字軍への参加を志願した。我々の女性と子供たちを殺し、イスラム教徒の家々を破壊するために、1億ドルを得意げに提供した」

「イスラム国の伸長を食い止めようと、イスラム国と戦う兵士の訓練のために、あなたはさらに別の1億ドルを提供した。したがって、このもう1人の日本人男性の命も1億ドルだ」

「イスラム国と戦うために2億ドルを払うというあなたたちの政府のバカげた決定のために、72時間以内に日本政府に対して、2億ドルをイスラム国に支払うという賢明な判断を迫らなければならない。あなたたちの市民の命を救うために。さもなければ、このナイフはあなた方にとっての悪夢となるだろう」

政府としても「人命を最優先に」と口にしてはいても、身代金を支払うことはテロ行為に屈することと同義であるため、対処に悩むところだと思われます。

なお、このネット動画に関しては早い段階から「合成ではないか」という指摘が挙がっています。人質となっている2邦人の影の向きが異なり、また、2人が着せられているオレンジ色の服が風でなびく様子が合っていないなど、細かく観察するとおかしな点がいくつか目につきます。

kage
映像がもし加工編集されたものだとしたら、どのような意図で行われたのかが気になるところですが、現段階では全て推測の域を出ません。

イスラム過激派の人質になったフランス人が2014年末、3年1カ月ぶりに無事解放されたことがありました。この時フランス政府が身代金を支払ったのかどうかは公表されていませんが、人命尊重の立場をとるとすれば、日本政府のとるべき方法は1つしかありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク