世界に向けて、これでいいのか日本人 ~「ロンギヌスの槍を月面に」「秋元康が東京五輪の総合演出」

イスラム国による邦人人質事件などもあって、国内もいろいろ大変な時だというのに、悪い冗談だと思いたいようなニュースが2つ。

その1つは、エヴァンゲリオン20周年公式プロジェクトである『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』

「あの名シーンが現実のものとなる」「アニメ史上初の月面接触」と銘打ったこのプロジェクト、クラウドファンディングで1億円集めて、実際に月面までロンギヌスの槍を運んで刺しちゃおうというお祭りイベントのようだけれど、ホントにやろうと思ってないよね、まさかね、と言う感じのドッキリ企画レベル。

1億円が集まるとは思えない(思いたくない)んだけれど、現在41人の支援者がいて、100万円は超えています。と、書いているうちに1人増えて42人。

これってもし実現したら「日本のオタク集団が我が物顔で月面にアニメのおもちゃを突き刺した」と笑われるのは必至。笑ってくれればまだしも、下手をすれば非難轟々かも・・・。

1億円あったら何かもう少しマシな使い道があるんじゃないかなあと。

→エヴァ、アニメ史上初の月面接触へ 『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』始動(オリコン)

→『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』の資金を募るサイト


もう1つは2020年東京五輪にまつわる「秋元が開会式総合プロデューサーに就任」説。反対運動まで起こったにもかかわらず東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の理事に就任した秋元康氏。彼のプロデューサー就任話は日本政府が大乗り気だとか。あくまで噂?

政府は2013年のASEAN夕食会で各国首脳に向けてAKBのパフォーマンスを披露した恥ずかしい過去があるので、クールジャパンを踏み外した人が本気で「五輪もAKBやエグザイルを出しておけば世界中が大喜び」と思っているんじゃないかとすごく心配。

「普通ですとね、日本の伝統芸能を見せるんです。いろいろな議論がありましたが、やはり生でAKBを見るとビックリするんですね(笑)。皆さん、目がくぎ付けになって」
(安倍首相談:LITERA記事より抜粋)

目がくぎ付けって、どこにですか?

マツコデラックスが先週「(AKBは)オリンピックの開会式には出てほしくない」とぶっちゃけて話題になったけれど、紅白歌合戦程度なら何が出ても諦められても、東京五輪となると話は別。スポーツの祭典と歌番組は区別して考えて欲しいなあと思ったりします。これって頭固いですかね。

→マツコ「AKBは五輪開会式出ないで」、ももクロ「有名人寄生商法」!? 崖っぷち女性アイドル
→秋元康の総合演出決定? 東京五輪に椎名林檎が“日本が恥かく”と危機感表明(LITERA)

「エヴァンゲリオン」も大好きだし、別に「AKB」も嫌いじゃないけど、ダメでしょこんなことしてたんじゃ、と普通に思ってしまいました。どちらも時期外れのエイプリルフールか何かだといいんだけれど・・・。

と、こうしているうちにロンギヌスはあっという間に63人、157万円になっちまいました。とほほ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク