日本でもいずれ導入されるかも? メキシコではスクワット10回で地下鉄無料券がもらえます

2013年の調査以来、「肥満世界一」という不名誉な称号を授かってしまったメキシコ。長年不動の一位をキープしていたアメリカ(31.8%)を抜き、国民のおよそ33%が肥満という真の肥満大国となってしまったことを受けて、メキシコ政府もこのままではまずいと思ったのでしょう。この度、スクワット10回と引き換えに地下鉄の無料券を配布という、世界でも珍しい取り組みを始めました。

→メキシコが世界一の肥満国に、米国の首位退ける


2013年の調査では次のような結果が出ています。

1位:メキシコ(32.8%)
2位:アメリカ(31.8%)
3位:ニュージーランド(26.5%)
4位:チリ(25.1%)
5位:オーストラリア(24.6%)
6位:カナダ(24.2%)
7位:イギリス(23.0%)
8位:アイルランド(23.0%)
9位:ルクセンブルク(22.1%)
10位:フィンランド(20.2%)

国別の比較は調査方法によって結果が変わりますが、アメリカとメキシコが1・2位を争っているのは毎度のこと。肥満傾向にある人にスクワット10回させるという試みは、果たしてどれくらい効果があるのでしょうか。

メキシコ政府にしてみれば、肥満が原因で病気になる人たちの医療費負担を考えたら、地下鉄のチケットぐらいいくらでもタダでやるから少しは運動して、という気持ちでしょう。

筋トレをやってお金やチケットに換算してくれるようなシステムがあったら、喜んで毎日やりますよね。まあ、そんなものなくたって、やってる人は毎日やってますけど。

ちなみにWHOの定義では、BMI値が25以上ならば太りすぎ、30以上で肥満と見なされます。

そこのあなたは大丈夫ですか?

・標準体重(kg) = 身長(m) x 身長(m) x 22
・肥満度(%) = ( 体重(Kg) - 標準体重(Kg) ) / 標準体重(Kg) x 100
・BMI = 体重(kg)/( 身長(m) x 身長(m) )


身長がcmで
体重がKgの人は



標準体重=Kg。
肥満度=パーセント。
B M I 値=

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク