知らないままではダメ!マスコミが報道しない「リニア反対派」の具体的な反対理由

物事を進めるときには賛成派・反対派の両方の意見に耳を傾けて、双方が納得のいく落としどころを探すのが理想的なのだけれど、どうやらリニア新幹線というのは「開通させる」という目標ありきで、異論は揉み消されているようです。マスコミでもほとんど報道されません。今更「リニア反対特集」なんて組めないでしょうから。

そんなわけで東京オリンピックとリニア新幹線着工で浮足立っている現状で、リニア反対派がどのような理由で反対をしているのか、多くの人は知るすべもありません。

リニア新幹線の巨大プロジェクトがどのような課題を抱えているか、今一度確認しておきませんか?

→リニア計画、建設認可取り消し求め提訴へ 沿線住民ら


無視され続けた”慎重論”

東海道新幹線の実現に尽力した元国鉄技師長・島秀雄氏は、生前にリニアモーターカーについて「四百キロとか五百キロとかいった高速を狙うことは振動とか安全面からみて問題だから慎むべきだ」というコメントをしています。

また、元国鉄総裁の仁杉巌氏は、2002年の講演で「一つの国のなかに高速鉄道のシステムが二つあることになれば、鉄道の線路幅や電気の周波数などのケースと同様、不便なことが起こるのではないか」と疑問を投げかけています。

JR東日本の元会長・山之内秀一郎氏も、一般論として「鉄道においては、スピードばかりを競うような考え方はだめだし、そんな思想の技術者もだめだ」と警鐘を唱えています。

JRにとって大先輩に当たる人物たちの慎重論はことごとく無視されたまま、2014年12月、JRはリニア新幹線の着工に踏み切りました。

慎重論派の指摘内容

慎重論を唱える人々が共通して持っている疑問や不安は次のような事項です。

大量の電力消費 エコに逆行?

リニア新幹線がエコロジーの申し子のような低電力設計だったらよかったのですが、残念ながら消費電力は従来の新幹線の2倍です。もしも従来の新幹線の運転本数を減らすことなくリニア新幹線を運行させようものなら、鉄道にかかる消費電力の総量はとてつもないものになります。もちろん従来の新幹線を減らすことは検討内容に含まれているようですが、もしリニアの運賃が高額で利用率が伸び悩み、新幹線中心の運行に戻るようなことがあれば、即電力不足に陥ります。

回収の見込みなしのプロジェクト、商品価値は?

品川-名古屋間で約5兆4300億円。大阪開業まで含める総額約9兆円の費用をかけてリニアを開通させても、リニア新幹線の乗車料金は現行の新幹線と同等に設定するそうです。当然ながら回収の見込みはありません。ペイしないことは当初からJR東海も認めていること。

恒久的に赤字運行になることがわかっているリニア新幹線になぜJR東海は着工することができたかというと、それは民間の形をとった国家プロジェクトだからです。政府は日本の技術の新しい象徴として、どうしてもリニアが欲しかった。そしてそれをパッケージングして海外に売りたかった。1つの国に売って1兆円稼げれば、10か国で10兆円。でも、リニア技術は無償提供するという話も出ています。儲けは出にくいですね。

しかし問題は売れるかどうかです。安全だと認められるまでに何年を要するか。また他国が、営業速度500キロというスピードに魅力を感じてくれるのかどうか。もし売れなければペイできず、行く末は血税が注ぎ込まれる赤字路線になる可能性も。

真っ暗闇の中を時速500キロで走る、移動手段としての役割以外に何の楽しみもないようなリニア新幹線。「いかにも合理主義的な日本人らしい」と言われるだけで終わるような気もします。

地下40mを超高速で走ることへの不安

1923年の関東大震災、1995年の阪神・淡路大震災、2011年の東日本大震災と、100年の間に3回も大規模な震災を経験した日本が、なぜ地下40メートルの「大深度地下」を時速500キロで走るような鉄道を考案できるのか。危惧する声は国内のみならず海外からも挙がっています。

都営地下鉄大江戸線の六本木駅が地下7階(42.3m)と地下鉄駅では最深ですが、この尋常でない深さを高速走行する鉄道が、地震の際にどのような状況に陥るかは、残念ながら地震が起きてみなければわかりません。しかし、できれば自分が乗っている時には起きてくれるな、と思ってしまいます。

否定しようのない環境への影響

品川-名古屋間286キロのルート上に、直径30mの喚気・非難用立坑が5~10キロごとに造られます。中央アルプスの真下を突き抜ける地下線路は、水脈を乱し、湧き水を枯渇させるばかりでなく、予測不可能な水脈を作り出す可能性もあります。中央アルプスの豊かな自然にどれだけの影響を与えるか、国やJR東海が事前調査をするとは思えません。

2012年に開通した「圏央道高尾山トンネル」の場合も、高尾山を貫通するトンネルが稲荷祠の湧水や妙音谷湧水など、常時湧いていた水を枯渇させました。国土交通省がトンネルの工事期間中だけ、湧水量や地下水の水位を観測坑でチェックしていたそうですが、工事終了と同時に観測坑を埋めて調査を終了させてしまったとか。長期的な環境変化に興味がないのだとしたら、赤サンゴを根こそぎ採っていった某国の密漁者と似たようなものかもしれません。

電磁波の人体への影響

国立環境研究所による平成17年の報告によると、リニア新幹線の場合、車内床上で最大600~4000マイクロテスラの電磁波が発生するそうです。

電磁波に関しては、1992年にスウェーデンの研究機関が、高圧送電線から300メートル以内での小児がん増加率と電磁波強度の関係を調査した結果が現在でも目安になっています。この調査によると、2ミリガウス(0.2マイクロステラ)以上の地域で小児白血病の発症率が2.7倍に増加、3ミリガウス(0.3マイクロステラ)以上の地域では3.8倍に達するとのこと。

日本でも2002年に国立環境研究所が調査を行い、4ミリガウス(0.4マイクロステラ)以上の電磁波を浴びると小児白血病の発症率が2倍になるという結果を発表しています。

短時間乗車して電磁波を浴びるのと、生活の場で継続的に浴びるのとでは状況は全く異なりますが、携帯電話の電磁波が子どもに悪影響を及ぼすのではないかと敏感になっている時代に、大量の電磁波を浴びさせてでもリニア新幹線に子どもを乗せたいと思うものでしょうか。

また、近年よく聞くようになった「電磁波過敏症」の人の場合、乗車するのに支障があるかもしれません。

様々な問題・課題をクリアしてこそ、世界に誇れるリニア新幹線となるのですが、果たして大丈夫なのでしょうか。こんなはずじゃなかった・・・と泣きを見る人が出て来ないで済めば一番いいですが、「ま、ちょっと覚悟はしておけ」というところかもしれません。

リニア新幹線の諸問題を解説した動画です。参考までに。



参考:
→リニア中央新幹線の問題について
→リニア中央新幹線「9兆円プロジェクト」の採算
→JRでタブー視されるリニア新幹線への慎重論 封印された「新幹線の父」の見解
→問題が多い JR東海「リニア中央新幹線」
→リニア中央新幹線「環境影響評価 準備書」にみる磁界安全論は妥当か
→電磁波がおよぼす子どもへの健康リスク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク