『A KITE』『攻殻機動隊』『宇宙戦艦ヤマト』などハリウッドでアニメの実写化続く 日本で撮るよりハリウッドに任せたほうがまだ安心

ハリウッドが梅津泰臣のアダルトアニメ『A KITE』を実写映画化したと聞いて、「何げにとんでもないアニメを映画化するもんだ、そんなにネタ切れなのかな」とか思いましたが、考えてみればアメリカが好みそうなストーリーですからね。アニメはかなりアダルトですけど。

最近のハリウッド映画界は、スピルバーグ監督がスカーレット・ヨハンソンを主演にして『攻殻機動隊』を映画化するという衝撃発表もあったりして、アメコミだけじゃなくて日本ものにも目を向けています。日本の名作・迷作アニメは、今後順番にハリウッドに持っていかれるんじゃないかと、ちょっと心配になったりします。

でも、「やっぱりハリウッドで正解なのかもしれないなあ」とすぐに思い直したりして。だって、日本で実写化すると何だかとてつもなくショボくなるじゃないですか。リスペクトがないから。

続編という位置づけの『KITE LIBERATOR』が後編を作ることなく頓挫しているのが残念なのだけれど、何よりこの作品を実写映画化しようと思う監督がいたことがビックリ。どれだけ日本のアニメにご執心何だか、ハリウッドは。


『攻殻機動隊』の草薙素子役はホントなら菊地凛子くらいに演じてもらいたかったのですが、スカーレット・ヨハンソンは『アベンジャーズ』シリーズをはじめとして、『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『LUCY/ルーシー』と、アクション系キャラ役でずっとノリノリですから、まあ致し方なしかと。

それに考えてみると、日本が自国でアニメの実写化してもロクなことにならないので、ハリウッドの方がなんぼかマシかなって。日本では予算が少ないために特撮もTVのヒーローものと似たようなレベルになるし、役者もどこぞのアイドルグループ会社やゴリ押し系事務所の女優しか使わないし・・・。

名作アニメの実写化はアニメのイメージありきなために、もともとハードルは高いのだけれど、日本には怖いもの知らずの監督が多いのか、無謀な実写化を試みてしまうので、観せられる方も冒険です。

巷で「こんなことなら実写化して欲しくなかった」と言われている作品はたくさんありすぎて全部並べるのは無理っぽいほど。

→「もはやガッチャマンではない、別の何か」実写版『ガッチャマン』興収1億1,570万円で大コケ確定か

→「ルパン三世」実写版映画が低評価!超映画批評・Yahoo!・2chでの感想・評判が酷い

→超映画批評『SPACE BATTLESHIP ヤマト』30点(100点満点中)

→実写版『魔女の宅急便』大コケでスタジオジブリがカンカンの理由

個人的には特に主役のオッサンが酷かった『ヤマト』は、ハリウッドで実写化が決定しているので、ちょっとほっとしています。唯一の実写版がキ○タクありきで作られたようなアレだなんて、『ヤマト』ファンとしては耐えられませんからね。森雪の扱いもアレだったし・・・。



ハリウッド実写化が進んでいると思われるアニメは他にもいろいろあります。

一時はキアヌ・リーブスが主演を務めるという噂が挙がっていた『カウボーイビバップ』も、一応まだ話が進んでいるようです。

『AKIRA』の実写化も立ち消えを繰り返しながら実現に向けて歩み始めた模様。「超時空要塞マクロス」を原作とした海外アニメ『ロボテック』の実写化も今年になって企画が復活したとか。

『新世紀エヴァンゲリオン』も実写化するするといっては立ち消えしてますが、まあそのうちにやるんじゃないでしょうか。

とりあえず手のかかる作品の実写化はハリウッドの財力に任せておけば、日本で撮るよりは観られる作品を作ってくれそうです。日本は大作を実写化して炎上するよりも、『タイガーマスク』とか『あしたのジョー』あたりで満足しておくのが無難なのかもしれません。あと『ヤッターマン』とかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク