何ができるの? SONYのメガネ型端末『SmartEyeglass』の開発者向けセット 3月10日発売 

SONYが以前から発表していたメガネ型ウェアラブル端末『SmartEyeglass』のデベロッパー向けモデル「SmartEyeglass Developer Edition『SED-E1』」が3月10日に発売されるとのこと。価格は10万円。

sony1

→「SED-E1」公式サイト

85%の透過性を持った薄型レンズを採用した拡張現実(AR)デバイスとして期待が高まっていますが、何ができるようになるかはデベロッパー任せ、というところなのでしょうか。



SONYでは『SmartEyeglass』に関するいくつかの動画をYoutubeにアップしていますが、どれをみても何ができるのか今ひとつ伝わってきません。

空港でゲートまでの道をバーチャルにガイドしてくれる・・・うーん、どうなんでしょうか、これ。

sony2

相手の顔を認識して名前を表示する・・・忘れっぽい私にとっては便利かな・・・。

sony3

観光地の説明を表示してくれるとか?・・・スマホの方が表示できる情報量が豊富だからなあ。

sony5

[Sony’s SmartEyeglass concept: official demo]

[Introducing Sony’s SmartEyeglass and how to develop apps]

本格的なARデバイスとして期待していいのか、はたまたブームも作れずに終わるようなキワモノなのか。やっぱりデベロッパーの腕次第なのかもしれません。

『SmartEyeglass』の一般向け販売は2016年の予定だそうです。それまでに何か面白い使い方が生まれることに期待しましょう。

しかし、見た目はだいぶマシな方だとしても、せめてワイヤレスにできなかったんでしょうかね。

sony4

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク