かわいい? 厄介者? 増えすぎた野良猫に各地の自治体が頭を抱えている様子・・・

相変わらずのペットブームで、動画サイトなどはイヌネコ自慢でいっぱいです。でも、家でペットが飼えないからと言って、その辺をうろついている野良猫たちにエサをあげたりすると、今の世の中いろいろと困ったことになりますからご注意を。


スポンサーリンク

終生飼養が義務付けられはしたけれど・・・

平成25年から施行された改正法により、ペットの「終生飼養義務」が法で定められ、地方自治体は飼い主の都合により飼えなくなったペットの引き取りを拒否できるようになりました。飼うなら責任をもって一生飼う、都合が悪くなったからと言って行政に引き渡したりしない。もちろん、その辺に捨てたりもしない。罰則も強化されました。

多い時は年間で60万頭の犬猫が行政の手で殺処分になっていた日本。野良犬というのはあまり見かけなくなりましたが、野良猫は相変わらず多く、地域によっては大きな社会問題となっています。

「終生飼養義務」は明文化されても、捨てる人は捨てるわけで、野良猫は一向に減りません。様々な手立てを講じざるを得ない自治体の苦労は並大抵ではなさそうです。

長い時間をかけて減らしていく「T.N.R運動」 徳之島

徳之島では島内に生息している野良猫3000匹の去勢手術に乗り出しました。島では以前から一部島民のエサやりが原因で野良猫が急増。行政は猫の放し飼いを制限する条例を定めたりもしましたが効果が上がらず、ついにT.N.R運動を実施することに。

「T.N.R運動」とはTrap:トラップ(捕獲器)→Neuter :ニューター(不妊手術)→Return :リターン(元に戻す)という流れで行う運動で、長い時間をかけて野良猫を減らすことを目的とした活動です。

徳之島がここまでして野良猫を減らそうとする理由は、絶滅が危惧される国の特別天然記念物アマミノクロウサギの保護のためです。野良猫がウサギを捕食してしまうので、これは野良猫さんにはご遠慮願わねば、ということになったようです。

仕方がないと言えば仕方がない・・・というところでしょうか。

→島の猫3千匹を不妊去勢へ 希少ウサギ守るため 徳之島

エサやりを抑制する条例制定へ 京都

京都市が今、制定をめざしている「動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」も、野良猫対策。条例は過度のエサやり行為に対して勧告・命令を行うことができるようにするとともに、違反した場合は罰金を科すというもの。

この条例制定については、「無責任なエサやりが町の美観を損ね、野良猫を増加させる原因となっている」と主張する条例賛成派と、「餓死するのを待つのは殺処分と同じ」と主張する反対派が激論を交わしている状態のようです。この手の話は、双方の目的が全く逆を向いていますから、どうしても平行線になりますね。

野良猫は飼い猫ではないので、それにエサをやること自体が無責任なのでは、という見方が多いのは事実。エサやりを繰り返しているうちに、野良猫が自分のペットのように思えてしまう、その気持ちも判らなくはないのですが・・・。

→野良猫に餌、是か非か 京都市の条例制定巡り集会

殺処分は全国から反対される

2011年の三重県亀山市みどり町の野良猫殺処分問題は、マスコミでも取り上げられて全国の注目を集めました。糞尿などの被害を訴える人々と、行政による一斉殺処分に猛反対する人々の間には、最初から落としどころなどありません。この時は最終的に、処分対象の猫たちを愛護団体が引き取ることになったようですが、これは根本的な解決になっていませんでした。

あれから4年。結局増え続けた野良猫たちへの対策は「去勢」という方法で落ち着きつつあります。これは殺処分ではないにせよ、それに近い行為であることは事実です。

共生の道は困難を極めます。周辺住民が協力して一定個体数以上に増やさないように気をつけながら野良猫を飼う「地域猫活動」などもありますが、ごく一部の話。無限に増やすわけにいかないので、どこかで歯止めを掛けなければならないのが野良猫問題です。行政の抱える頭の痛い問題は、まだまだ解決には至りそうにありません。

かわいいだけじゃダメなんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク