「鳥取砂丘コナン空港開港に『これは恥ずかしい』」「川崎殺人の容疑者晒しが激化」~最近のちょっとイタいニュース<2015/3/1~>

コナン空港開港に「最終回迎えたらどーすんだよ」の声

◇鳥取県は3月1日、漫画「名探偵コナン」の名前を冠した「鳥取砂丘コナン空港」を開港。「米子鬼太郎空港」に続いて漫画のキャラクター名を冠した空港は鳥取県内で2つ目。作者である青山剛昌さんが同県北栄町出身ということで決定した。

◇コミックキャラを冠した空港の誕生にネットでは冷めた意見がちらほら。

「これは恥ずかしい。」
「コナン最終回迎えたらどーすんだよ。」
「富山空港が、ドラえもん空港になるようなもんか」
「鳥取空港の公式サイトで全く触れられていない不思議w」
「海外からはすでに縁起の悪い空港として有名になってんだがw>コナン空港」
「作品には何の関係も無い作者の出身地とか いかにも田舎役人の発想らしくていいよなw」

また山陰の空港の数についても、その多さに呆れる声も。

「鳥取県の人口57万 空港2つ 島根県の人口69万 空港2つ 日本人って馬鹿なの」
「島根県には隠岐空港もあるから3つだ」

→「鳥取砂丘コナン空港」開港 日本初の実在作品ロゴを冠した「名探偵コナン」一色の空港に



海外のように政治家の名前つけるよりよっぽどマシかも。


川崎中1殺害の「容疑者」「家族」晒しの激しさが前代未聞

◇川崎市で中学1年の上村遼太さんを殺害した容疑で逮捕された18歳少年に対するネットでの”晒し”が前代未聞の激しさを見せている。これまでも「ネット晒し」「私刑」は事件が起こる度に行われていたが、無修正のまま出回っている本人や家族の写真等は膨大な数に上り、事件への関心の高さや犯人への憤りの大きさを表している。

◇専門家や芸人などが苦言を呈しているものの、一度拡散した情報は、人々の事件への興味関心が薄れたとしても消滅することはない。

→「容疑者」家族の顔写真投稿、自宅の動画を撮影… 川崎市の中学生殺人、ネットで「私刑」が横行



加害者の父親の偽証と犯人隠避、加害者少年による完全黙秘など、神経逆撫でするような要素が多すぎて、炎上するなと言う方が無理だろうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク