グランプリは『まどマギ』!納得の『SUGOI JAPAN Award2015』 各部門トップテンが決定

最近のこうした企画の中では偏りがなくてかなりいい感じの結果にまとまったような気がする『SUGOI JAPAN Award2015』。ポップカルチャー作品を選ぶ初の国民投票ということで注目されていましたが、各部門とも新旧作品入り乱れて、それなりに納得する人が多いんじゃないかと思える順位になっています。

sugoi2015

→「SUGOI JAPAN 国民投票」

このアワードの対象作品は、2005年1月1日から2014年7月31日までに登場した「マンガ」「アニメ」「ラノベ」「エンタメ小説」。「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界中の人々にも紹介したい! 世界でも大ヒットするにちがいない!」という観点で選ばれた選りすぐりの作品群、ということになります。


グランプリは全部門を通して最多得票となった『魔法少女まどか☆マギカ』。海外でも高い評価を受けていますから、これは当然の結果かもしれません。

各部門のトップ10は次のような結果になっています。

◯マンガ部門

 1位:進撃の巨人(講談社 KCマガジン)
 2位:銀の匙 Silver Spoon(小学館 少年サンデーコミックス)
 3位:ハイキュー!!(集英社 ジャンプコミックス)
 4位:3月のライオン(白泉社 ジェッツコミックス)
 5位:宇宙兄弟(講談社 モーニングKC)
 6位:日常(KADOKAWA 角川コミックス・エース)
 7位:ワンパンマン(集英社 ジャンプコミックス)
 8位:乙嫁語り(KADOKAWA ビームコミックス)
 9位:聖☆おにいさん(講談社 モーニングKC)
 10位:暗殺教室(集英社 ジャンプコミックス)

◯アニメ部門

 1位:魔法少女まどか☆マギカ(シャフト/アニプレックス)
 2位:TIGER & BUNNY シリーズ(サンライズ/バンダイビジュアル)
 3位:コードギアス 反逆のルルーシュ(サンライズ/バンダイビジュアル)
 4位:アイドルマスター(A-1 Pictures/アニプレックス)
 5位:ラブライブ!(サンライズ/バンダイビジュアル)
 6位:蟲師(アートランド/マーベラス,アニプレックス)
 7位:進撃の巨人(WIT STUDIO/ポニーキャニオン)
 8位:夏目友人帳(ブレインズ・ベース/アニプレックス)
 9位:PSYCHO-PASS(サイコパス Production I.G/東宝)
 10位:STEINS;GATE(WHITE FOX/KADOKAWA)

◯ラノベ部門

 1位:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(小学館 ガガガ文庫)
 2位:ソードアート・オンライン(KADOKAWA 電撃文庫)
 3位:狼と香辛料(KADOKAWA 電撃文庫)
 4位:ノーゲーム・ノーライフ(KADOKAWA MF文庫J)
 5位:人類は衰退しました(小学館 ガガガ文庫)
 6位:Fate/Zero(星海社 星海社文庫)
 7位:魔法科高校の劣等生(KADOKAWA 電撃文庫)
 8位:バカとテストと召喚獣(KADOKAWA ファミ通文庫)
 9位:ミミズクと夜の王(KADOKAWA 電撃文庫)
 10位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない(KADOKAWA 電撃文庫)

◯エンタメ小説部門

 1位:図書館戦争シリーズ(KADOKAWA 角川文庫)
 2位:新世界より(講談社 講談社文庫)
 3位:夜は短し歩けよ乙女(KADOKAWA 角川文庫)
 4位:天地明察(KADOKAWA 角川文庫)
 5位:告白(双葉社 双葉文庫)
 6位:虐殺器官(早川書房 ハヤカワ文庫JA)
 7位:Another(KADOKAWA 角川文庫)
 8位:死神の精度(文藝春秋 文春文庫)
 9位:チーム・バチスタの栄光(宝島社 宝島社文庫)
 10位:俺俺(新潮社 新潮文庫)



でもこのアワード、毎年実施するのは無理がありそうな気がします。第一回を10年分でやってしまったのなら、次回はまた10年後かな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク