「川崎中1殺人の主犯、”反省したフリ”?」「モテる花見のテクニック ”蟻に話しかける”」「ラーメン店で”デモ割”」~最近のちょっとイタいニュース(2015/03/20~)

川崎中1殺人の主犯少年は反省したフリが得意という報道が・・・

◇川崎市で中学1年生の上村遼太さんが殺害された事件で、逮捕された少年3人のうち、リーダー格の18歳少年を知る高校生が取材に対して次のようにコメント。

「自分が中学生だったとき、●●さん(18歳少年の名前)は、鑑別所に入っていたことをよく自慢していて、そういうところに入っても反省したフリがうまければ、すぐに出られると言っていた」

「万引きとか痴漢とか、よく悪さを誘ってくるので“捕まったらヤバいです”と言うと、●●さんは“未成年は捕まっても犯罪者にならない”と言っていて、鑑別所に入っても反省したフリをしていれば、すぐに出してもらえると言われました。“反省したフリ、俺はチョー得意”って笑っていました」

◇取材をした記者が体験した、主犯少年の周囲の異常な面々の実態も明らかに。

記者が事件直後に少年の自宅を訪問した際も、ドアの向こうから女性の「うるさいよ! ファックユー!」という怒鳴り声が浴びせられ、父親を直撃した週刊誌記者は「『なんで俺が話をしなきゃいけないんだよ!』と大声で逆ギレされた」という。

「少年の元交際相手という話が浮上している10代の無職少女のもとに話を聞きに行ったときも、髪を金色に染めた少女が、少年について“何もしてないのにハメられたんでしょ”なんて平然と言っていて、あげく“マスコミしつこいと仲間みんな呼ぶよ!”と脅してきました」

「ウワサ以上にガラの悪い連中で、根っからの不良。とてもすぐに改心するとは思えません。」

→川崎中1殺害事件、リーダー格少年「反省したフリ、俺はチョー得意」と笑っていた過去



裁判官もたまには国民が納得できるような判決を出してほしいものです。法律順守に躍起になっていないで、民意を反映することも時には必要だと思うんですけど・・・。真っ先に”フリ”に騙されそうな気がして心配です。再犯を防ぐための手立てを考えたら、判決は自ずと絞られてくると思うんですけどねえ。


「お花見デート」に関する記事が「痛すぎだろ」と話題に

◇某サイトに掲載された『彼をドキドキさせる「お花見デート」6つの方法』の内容に「痛すぎだろ」の声が・・・。<\p>
男性が夢見る「お花見デート」をリサーチしたというこの記事。「人の少ない穴場スポットで」「手作り弁当で」「体温調整ができる服装で」「お酒より”水筒のお茶”」など、男性の願望としてわかりやすいものが並ぶ中の、次のコメントが話題に。

「女友達とお花見に行ったら、蟻に向かって『キミもお弁当食べたいの?』と話しかけていた。可愛すぎて胸キュン」(26歳・ドライバー)

ネットの反応はこんな感じ。

「虫に話しかける女見て男はなんて言葉を繋げばいいの?」
「シートに蟻が這っていても構わず食べる女は無理」
「色んな職業に就いてる若者からアンケートと取った設定なのに
まるで独りの妄想癖のあるキモ男の感想を聞いてるみたいな違和感がある記事だな」
「痛すぎだろwwwww 」

◇記事は女性に向けて「これらの項目をすべて実践すればドキドキして、「来年も一緒にいたいなあ」なんて言われるかもしれませんよ。」と投げ掛けて終わっている。

→彼をドキドキさせる「お花見デート」6つの方法



人それぞれツボが違うとは思いますが・・・。一般的には実践しないほうがいいような・・・。

ラーメン店で「デモ割」

◇3月22日に実施された「安倍政権NO!大行動」のデモに参加できないラーメン屋『麺屋どうげんぼうず』の店主が、「デモ割」と称したサービスを展開。当日は来店時に「安倍クソッタレ!」とシャウトした客に味玉をサービスしたらしい。なお、ラーメン店のネットの評判はなかなか良いとの噂。

→【デモ割】反安倍ラーメン屋が「安倍クソッタレ!」とシャウトしたら味玉をサービス!



自分の店で何をやろうが自由ですから・・・。店主権限でどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク