「白鵬34度目の優勝」「沖縄県が辺野古調査の停止を要求」「ドイツ旅客機がフランスに墜落」~ニュース拾い読み(2015/3/22~)

スポンサーリンク

白鵬優勝「色々騒がしましたけど」(3月22日)

◇大相撲春場所は、1敗を守った白鵬の34度目の優勝で幕を閉じた。自身による審判批判騒動の際に問題発言を批判したマスコミに対して、無言を貫いた本場所。優勝しても支度部屋での記者会見はなかった。

◇優勝後のNHKのインタビューでは、観客に向けて感謝の言葉を述べ、思いを語った。

「初場所で新記録を達成し、それにふさわしい優勝。満足できる内容が多かったので、それを信じてやりました」
「いろいろ騒がしましたけど・・・まっ頑張ります」

→白鵬、笑顔なきV 記録更新34度目&2度目6連覇も“無”の表情



横綱に対しては厳しい目が注がれがちだから、相撲界は。白鵬は朝青龍と違って品行方正な方だと思うんだけどなあ。がんばってる人に対して余計な批判をするなよ、マスコミは。


沖縄県、辺野古海底ボーリング調査の停止を指示(3月23日)

◇沖縄県の翁長雄志知事は23日、コンクリートブロックがサンゴ礁を傷つけている問題を受け、米軍普天間飛行場の辺野古への移設関連作業を1週間以内に停止するよう沖縄防衛局に通達した。従わない場合は、許可を取り消す意向。

◇国は法的な問題はないとして、指示を無視して作業を続ける姿勢を貫く様子。

→辺野古作業停止を指示 翁長知事 30日までの実行要求

→沖縄県知事による辺野古の作業停止指示は無効=菅官房長官



地元が納得していないような工事を、離れたところにいる政府がよく強行できるもんだ。サンゴ礁壊した時点で、もうアウトだね。基地が必要なのもわかるけど、沖縄の自然を壊してまでどうして陸続きに造る必要があるのか。沖の方に海上基地でも作ればいいのに。

ドイツの旅客機がフランス南東部に墜落(3月24日)

スペインのバルセロナを発ったドイツ・デュッセルドルフ行きの独・格安航空会社ジャーマンウィングスの9525便(エアバスA320)が、24日午前11時(日本時間同日午後7時)ごろ、フランス南東部の山岳地帯に墜落。日本人を含む乗客150名は全員死亡したと見られる。

◇回収したボイスレコーダーから得た情報によると、パイロットが1名、コクピットから締め出されていた。また同機は、通常の速度で8分間かけて高度を落とし、そのまま山に衝突したと見られ、その間に通信は一切行われていなかったという。

→150人乗りドイツ旅客機が墜落 搭乗名簿に2邦人名か

→ドイツ機墜落、パイロットの1人閉め出しか



最近は何でもテロじゃないかと勘繰ってしまいがち。犠牲者のためにも原因が究明できるといいのですが。ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク