「上西議員が注目の的に」「シンクロ脱退者に『気持ちわかる』」「谷垣氏が『バカだチョンだ』で非難の的に」~最近のちょっとイタいニュース(2015/04/02~)

スポンサーリンク

維新の党・上西小百合議員がにわかに注目の的に

◇維新の党・上西小百合衆院議員が13日の国会を体調不良で欠席。しかしその後、前日12日の晩はショーパブでの会合に出席していることや、自宅療養の翌日14日と15日は知人男性と旅行に行っていたという報道が流れ、維新の党代表・橋下議員から「辞職すべき」と言われる始末。

◇さらには取材陣に対して巻き舌で「オラァ!」と凄んだ男性秘書の姿が報道されて非難を浴び、あげくには、旅行相手の知人男性というのがこの男性秘書だという噂も出てオチが付いた形となった。

◇もともと“浪速のエリカ様”の異名を持つ上西議員と、今回のショッキングな秘書の言動に、ネットでは「秘書よりも本人の柄の悪さの方がまずい」「ヤバイよな 何言ってるかもわからんし」「あの秘書ひとりで維新の党を壊滅させるパワーがあった」等、ドン引きの反応が多かった模様。

→維新・上西議員旅行問題 橋下最高顧問「議員辞職すべき」

→記者に巻き舌で「オラァ!」とすごむ 維新議員秘書が話題「まるで…」

→橋下徹氏、上西議員の“秘書とのデート疑惑”に「そこは大人の関係、僕も偉そうなこと言えないしさ…」


遅刻を涙で謝罪した片山さつき議員といい、今回の上西議員といい、がっかりする以前のレベル。近年はリスペクトに値する議員ってのが一人も思い浮かばないのだが・・・これでイイわけはないね。

→参院委遅刻:片山さつき委員長…メモ見て謝罪、涙で反省


シンクロ日本代表を辞退する選手たちに理解の声

◇昨年2月に日本代表ヘッドコーチに復帰した井村雅代氏のもとで起死回生を狙うシンクロ日本代表「マーメイドジャパン」。3月には2人の選手が体力不足を理由に脱退、井村コーチによる練習の厳しさが心配されている。

◇16日間の合宿で休養日はわずか1日。しかもその休日が自主練習でつぶれる。ハードな練習が噂になっているのか、追加メンバーを招集しても断られたという。

◇脱退する選手を「理解できない」という井村コーチとは逆に、ネットでは理解を示す声も多い。

「やりたくない気持ちも分かる」
「嫌なら辞退するのは当然。」
「そら敬遠されるわ 壊されたらたまらん」
「選手に平手打ちして優勝するどっかの高校のコーチと同じレベル」
「スパルタ式でしか結果が出せない指導者はダメだよ」

→シンクロ女子で代表辞退者 呆れた井村コーチ「理解できない」


柔道で懲りたと思ったけれど、柔道界だけの改革で終わったんですね。いつになってもスパルタ詰め込み式が最高だと思っている人がスポーツ界には多いのかも・・・。

自民・谷垣氏が「バカだチョンだ」演説で批判集中

◇自民党・谷垣禎一幹事長が大阪市での街頭演説で、維新の党が進める「大阪都構想」に関し「『自民党大阪府連は都構想に反対している、バカだチョンだ』と維新の方は言っているけれども、ちょっとそれは言い過ぎじゃないか」と発言。「チョン」は韓国・朝鮮人への差別的表現。

◇「バカチョンカメラ」などという言葉が差別用語であるとして世の中から消え去って久しいが、まさかの差別的表現は無自覚・認識不足ゆえの発言か。「大変品位のある谷垣氏の言葉とは、にわかに信じがたい」と維新からも批判されている。

→自民・谷垣氏:野党、批判と驚きの声…演説で差別的表現


谷垣氏がどうなのかはわからないが、差別用語だという認識が不足しているということもあるかも知れません。過去の用語が完全に衰滅することはないですから、忘れた頃に掘り返しちゃう人が出てくる可能性は常にあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク