「朝鮮総連議長らの自宅を家宅捜索」「国会欠席後に同伴旅行の上西議員が除籍」「大阪都構想 『反対』が優勢に」~ニュース拾い読み(2015/4/3~)

スポンサーリンク

北朝鮮マツタケ不正輸入事件(4月3日)

◇3月26日、朝鮮総連トップの許宗萬(ホジョンマン)議長ら幹部の自宅が、京都府警と神奈川、島根、山口県警の合同捜査本部によって家宅捜索された。容疑は、北朝鮮産のマツタケ1200キロを中国・上海経由で中国産と偽って輸入した外為法違反。東京都内の貿易会社など十数カ所を家宅捜索した結果、押収物などから許議長の関与をうかがわせる内容の文書が見つかったという。

◇外為法違反の公訴時効の期限(5年)が迫っていた中の家宅捜索は、日本人拉致問題解決に向けて北朝鮮にプレッシャーをかけることも目的の一つだと見られている。

◇北朝鮮側は「このような状態では朝日政府間の対話もできない」等の抗議文を公表。「前代未聞の国家主権侵害行為」だと非難し、日本政府に謝罪を求めている。

◇識者らは安倍政権が北朝鮮に対して見せる「圧力」の姿勢だと捉えているが、圧力で北朝鮮の拉致問題が進展するかどうかは定かではない。

→朝鮮総連議長宅を家宅捜索、マツタケ不正輸入事件に関連して=韓国ネット「朝鮮総連は北朝鮮の収入源」「韓国国民への被害はない」
→北朝鮮、総連捜査に抗議 日本政府に「対話できない」

拉致問題が本当に「解決」という形で集結することがあるのかどうか、相手が相手だけに甚だ疑問です。


国会欠席で旅行に出かけた上西議員が除籍(4月4日)

◇衆院本会議を体調不良で欠席した後、私用で知人男性と旅行に出かけた疑いで批判されていた維新の党の上西小百合衆院議員(31)に対して、4日、大阪維新の党は除籍する方針を固めた。

→大阪維新、上西議員を除籍処分へ 衆院本会議欠席めぐり

→維新除籍の上西議員、辞職勧告を拒否 国会欠席弁明


自己管理がきちんとできる人に議員になってもらいたいと思います。

大阪都構想 反対が激増 上西議員の影響か(4月6日)

◇維新の党と大阪維新の会から「ダブル辞職勧告」を受けた“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員の頑なな辞職拒否が影響してか、4月4、5日に実施された「大阪都構想に関する電話世論調査」では、賛成36.7%、反対47.5%で、反対が賛成を大きく上回った。3月14、15日の前回調査では賛成43.1%、反対41.2%と拮抗していた。

◇上西議員の一連の言動は、都構想住民投票の前哨戦となっている大阪市議選での大阪維新の会の得票にも大きくマイナスの影響を及ぼすと見られている。

→大阪都構想反対47%賛成36% 上西氏問題が影響か


都構想、もうすぐですね。どっちにすればいいのか悩んでいる市民も多いと思いますから、こういった汚点は結果を大きく左右するようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク