「Windows10リリース24時間で1400万台」「朴大統領妹の日本寄り発言が韓国で波紋」「調布小型機墜落 滑走不足か」~ニュース拾い読み(2015/7/30~)

スポンサーリンク

Windows10が29日リリース 24時間で1400万台がアップグレード

◇米マイクロソフトの発表によると、7月29日にリリースされた「Windows 10」は24時間で1400万台以上の端末にダウンロードされたとのこと。同社の予測では2~3年以内に10億台の端末がアップグレードされる予定だとのこと。

→Windows 10、リリース24時間で1400万台がアップグレード



そのうちの3台は自分がやりました。10億台にはまだ遠い。


朴大統領の妹「なぜ日本の首相が交代するたびに謝れと言うのか」発言で韓国内波紋

◇韓国の朴槿恵大統領の妹、槿令(パク・クンリョン)氏は7月30日、日本に謝罪や反省を求め続ける韓国世論に対して「なぜ日本の首相が交代するたびに謝れと言うのか」という主旨の発言をした。また、槿令氏の夫のシン・ドンウク共和党総裁も「99人が賛成している中、1人で反対することはとても勇気がいること」とこの発言を称賛。

◇韓国ではこの発言に対して批判的な意見が多く、
「親日の娘はやっぱり親日だった…」
「朴一家は、国民の感情を逆なですることだけは得意」
などとネットで揶揄されているという。

→朴大統領の妹が驚きの発言!「慰安婦問題、日本に謝罪を要求し続けるのは不当」

→朴大統領妹の“日本寄り”発言を、朴大統領義弟が称賛「勇気ある行動」



対立は対立しか生まないんだけど、そこは「人間だもの」とかいう便利な言葉で濁すしかないのか・・・。

調布の小型機墜落 滑走距離不足か

◇26日に起きた東京都調布市の住宅街に小型飛行機が墜落し8人が死傷した事故で、当時の気象条件では約960メートルの滑走距離が必要であったにもかかわらず、滑走距離が800メートルしかなかったことが明らかになった。

◇元日本航空機長で航空評論家の小林宏之氏は「事故は重量が一因になったとみられる。離陸前に重量を計算したのか疑問だ。調布飛行場の短い滑走路や当時の気象条件を考慮して、安全な飛行を優先するなら重量を減らすべきだった」と指摘している。

→小型機墜落 なぜ何が

→東京・調布の小型機墜落:滑走路160メートル不足



「慣熟飛行」だったのか「遊覧飛行」だったのか、という争点もあるけれど。何かといろいろなものが狭くできている日本では、自家用機は自粛した方がいいのかもしれない。お金持ちはもっと広い国に行って飛んだほうが安全。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク