ダメすぎる人々「ポイ捨て注意され75歳が小学生を首絞め」「不倫の乙武氏しょんぼり」「巫女のくせに・・・札幌の夜に・・・」

ダメすぎる人々の姿を見て「日本はどうしようもないな」と嘆くか「自分もダメで良いんだ」と安堵するかは人それぞれ。

スポンサーリンク

ポイ捨てを注意すると怖いことに

『春分の日』に桜の開花宣言とともに流れてきたニュースは「75歳の老人男性が、小学生男児らからタバコのポイ捨てを注意されて激怒。大声で怒鳴って男児の首を絞めて、服や腕をつかんで暴行・・・逮捕」というもの。

→たばこポイ捨て注意され…75歳男小学生の“首絞め”(テレ朝NEWS)

奇しくも先日14日に特集コラムを読んだばかり。

→「横暴すぎる老人」のなんとも呆れ果てる実態(東洋経済)




今の世の中では、理不尽な言動で周囲に迷惑をかける高齢者、あるいはその行為のことを『老害』と呼ぶ。誰でも歳をとればジジイとかババアと呼称されるようになる。私ももうすぐだ。だからこのような状況を100%納得できるわけではないのだが、それにしてもダメすぎる今時の高齢者。

妻同伴謝罪が裏目の不倫乙武氏

『五体不満足』で有名な乙武洋匡氏(39)が5人の女性との不倫を週刊新潮に暴露され、「妻を裏切る行為で決して許されるものではない」と事実関係を認めた上で、公式サイトで謝罪。しかし、夫人である仁美さんによる「私にも責任の一端があると感じている」という謝罪文を一緒に掲載したため、なんで奥さんに謝らせる必要があるのか等の批判が集中。

→乙武氏しょんぼり 不倫問題謝罪も…妻も謝罪文でさらに“炎上”(スポニチ)

→中瀬ゆかり氏、乙武氏に“キャラ変”提案「五人不倫とか五人大満足とか」(スポニチ)

→乙武氏 暴露された“奔放さ”「業界にいればだれでも知っていた」(スポニチ)




日本全国で不倫が大流行しているかのような錯覚に陥らせる、連日続く有名人の不倫スキャンダルの報道。乙武氏の場合は夏の参院選に自民推薦で出馬予定があるので、火消しに急いだみたいだけれど、これでイメージが完全崩壊しちゃった感あり。でも、公式ツイッター等を見てた人たちにとっては、本人の奔放キャラは常識らしい。

個人的には”不倫は人権侵害”と考えているので、全て”厳罰に処す”でよいかと・・・。

→乙武さんの【超えちゃいけないライン超えてるだろ】発言集まとめ【五体不満足】

議員が「巫女のくせに」「札幌の夜に説得・・・」問題発言連発

仕事ぶりよりも、その問題発言で注目を浴びている自民党・大西議員が、北海道の神社で巫女に応援を断られ、「巫女さんのくせになんだ」「巫女さんを誘って札幌の夜に説得しようと思った」と発言。

大西氏は2015年6月の自民党議員の勉強会で、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」と発言して問題になったばかり。

→自民・大西氏「巫女のくせに」 自民好きでないと言われ(朝日新聞)




いつもながら、政界がこんな人だらけじゃないことを祈るばかりだが、ホントにこんな人ばかりなのかも、と最近諦めかけている・・・。「札幌の夜に説得」って、どれだけ品が無いのかって感じだよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク