セサミストリート45周年 夏休みにTVで見た世代には懐かしい番組

アメリカの教育番組「セサミストリート」が1969年の放送開始から45周年を迎えた。日本でも一定の年齢層より上の人にはなじみのある番組。クッキーモンスターやビッグバードなど、キャラクターたちの名前を記憶している人も多いのではないだろうか。


日本でセサミストリートのキャラクター達に会えるのはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)ぐらいのもの。2006年までは「東京セサミプレイス」という施設もあったが閉園してしまった。

NHKでは1972年から20003年まで放送、その後はテレビ東京で2007年まで放送されていたが、残念ながら現在では国内放送はない。

世の中のおじさんおばさん方に中には、小学生の頃、夏休みの午前中に教育テレビで「セサミ」を観た記憶がある人も多いだろう。恐らくは学校推薦番組に指定されていたと思われる。全編英語ということでさっぱりわからないのだが、なんとなく日本とは違う文化の香りを楽しめた印象深い番組だった。

セサミは米国では深く浸透しているので、動画サイトにも様々な映像が上げられている。そのうちの3つを紹介。

スポンサーリンク

ヘリーとジョンジョン

歴代のセサミの中でも人気の高かったジョンジョン坊やのシリーズから、ヘリーに助けられながら20までの数字を覚えるジョンジョン坊やのシーン。途中で助け舟を出すヘリーと、嬉しそうなジョンジョンのリアクションは、今観てもほのぼのする。

ナタリー・ポートマンとエルモ

有名人がゲストで登場することも多い。ナタリー・ポートマンとエルモの共演では、ナタリーの被り物が強烈に可愛い。

トゥナイト・ショーでのテーマソングの合唱

米人気番組「トゥナイト・ショー・ウィズ・ジミー・ファロン」はイディナ・メンゼルを迎えてのおもちゃの楽器を使った「Let It Go」が日本でも有名になったが、セサミのキャラクターを交えて懐かしいテーマソングを歌っている。


残念ながらセサミのテーマソングを耳にして「ああ懐かしい」と思う人は若い世代にはいない。今となってはUSJにセサミキャラが生き残っていることが奇跡に近いので、せめてUSJだけはセサミ・ワールドを末永く存続させてくれることを願いたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク