「健康な人の睡眠時間は加齢とともに自然と減る」 寝すぎは危険、という話

最近特に注目を浴びているのが睡眠時間の長さの話。「寝すぎは“ボケ”と“糖尿”を招く」と語る専門家が増えているとのこと。

イギリスのウォーリック大学の研究で「長い睡眠は脳を老化させる」ことが明らかに。


50~89歳の約9千人の男女を対象に睡眠と脳認知能力の関係を分析。その結果、50~64歳では睡眠時間が6時間以下の人だけでなく、8時間以上の寝すぎの人でも記憶力と意思決定能力が下がることが判明した。

さらに他の大学による研究で、中年以降の長すぎる睡眠(8時間以上)によって糖尿病発症率や心疾患、うつ症状の発症頻度も増加する傾向があるということも判明。

長すぎる睡眠は血流を阻害し、結果的に酸素や栄養素の供給が滞り、各種疾病や機能の低下につながるとか。

厚労省の新「睡眠指針」では『健康な人の睡眠時間は加齢とともに自然と減る』とした上で、適度な睡眠時間を25歳では約7時間、45歳で6.5時間、高齢者で6時間としている。

→情報元を読む




ポイントは質の良い睡眠をいかにして効率よく摂るかということらしい。ロングスリーパーもショートスリーパーも深い眠り(ノンレム睡眠)の長さに差がないそうだ。

ウォーリック大学では様々な睡眠の研究が行われており、都市部でも田舎でも睡眠障害の発生率に差異がないという実験結果や、睡眠6時間未満の生活を続ける人では、心臓病のリスクが50%、脳卒中のリスクが15%、それぞれ高くなるという結果を公表している。

睡眠ぐらい好きなように摂りたい気もするのだが、諸々の研究結果を尊重すると、睡眠時間は6時間以上8時間未満がいいらしい。この手の話はいずれそのうちに新説が出たりするものだから話半分に聞いておくのが一番いいかも・・・。眠い時は寝る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク