シュルレアリズムを継ぐ芸術家たち ~絵画・写真の超現実主義的表現

アンドレ・ブルトンが想像力の解放を唱えて始まったシュルレアリズム(超現実主義)は、美術、詩、文学、政治など広い範囲にわたって広まった。大衆にシュルレアリズムを広めたことではサルバドール・ダリが有名だが、現代でもシュルレアリズムの系統を継ぐアーティストたちの活躍は続いている。


スポンサーリンク

Jeremy Geddes

オーストラリアのフォトリアリスティックペインター。浮遊・崩壊などのシーンを切り抜いたようなダークで個性的な作品群に熱烈なファンも多い。落ちていく宇宙飛行士のシリーズは有名。

読み込み中

Instagramで閲覧

読み込み中

Instagramで閲覧

読み込み中

Instagramで閲覧

読み込み中

Instagramで閲覧

<公式サイト>

[browser-shot url=”http://www.jeremygeddesart.com/index.html” width=”300″]

Erik Johansson

スウェーデンのフォトグラファー。写真をソフトウェア加工して創り出した独創的な世界は、観る者をリアルと幻想の境目に迷い込ませる。


<公式サイト>

[browser-shot url=”http://erikjohanssonphoto.com” width=”300″]

野村浩司

有名ミュージシャンのCDジャケットなども多く手掛ける個性派フォトグラファー。空想系写真家と呼ばれた。2013年に52歳で急逝。

<公式サイト>

[browser-shot url=”http://www.nomuraphotograph.com/home.html” width=”300″]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク