全部でいくら?『トランスフォーマー/ロストエイジ』で改造した高級車たち

2014年8月8日に公開が始まった『トランスフォーマー/ロストエイジ』。人気シリーズ4作目にして、登場人物も内容も一新、新たな展開がまた楽しみな作品です。

パラマウントのメイキング映像によると、オプティマスたちもニューデザインになり、トランスフォームするスーパーカーもシリーズ最高級ぞろい。1台2億円なんて車がバンバン使われているのですから、それを見るだけでも楽しめるというものです。


今回、どんな名車が使われているのでしょうか。主なものを並べてみました。

スポンサーリンク

ピータービルト 579

かなり改造されているので原型がわかりませんが、ピータービルトのコンボイは2014年式579タイプで2700万円くらい。意外と安い?

ブガッティ ヴェイロン

この手の高級車は限定販売である上に、購入審査もあるので誰でも買えるわけではありませんが、もし買うとしたら1億7900万円だという話です。

シボレー コルベット

高級車とはいってもシボレーなので1100万円ぐらい。コストパフォーマンスは高い?

シボレー カマロSS

バンブルビー効果でカマロがかわいく見えるようになりました。500~600万円というところでしょうか。

パガーニ ウアイラ

イギリスが誇る最高級車。1億2000万円なり。ウアイラ(Huayra)は南米先住民族の言葉で「風の神」だとか。最高速度370キロ。

ランボルギーニ アヴェンタドール

日本では最もポピュラーな高級車メーカーのランボルギーニ。これで4200万円ならお買い得!・・・買えないけど。



これ以外にもたくさんの車が撮影に使われ、壊されています。被害総額は一体いくらなんでしょうね。ほんとにすごい映画です。

<『トランスフォーマー/ロストエイジ』メイキング映像>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク